誰も作らない映画のDVDラベル
FC2ブログ

誰も作らない映画のDVDラベル

オッサンたちの為に作ってます!!

歌え!青春 はりきり娘 (1955)

歌え青春 はりきり娘

美空ひばり主演の東宝の青春映画で監督は杉江敏男
私はDVDの録画を既に持ってましたが、今月、衛星劇場で
放送されたので録画し直しました。

ラベルにあるとうり、ひばりさんが新米のバスガールになって
奮闘する青春映画で、それに女と駆け落ちをしたものの
その女に捨てられてしまった父親(藤原鎌足)と母親(清川虹子
を元の鞘に収める話が盛り込まれています。

久保明、小泉博、寿美花代、瀬良明などが共演で、ひばりさんは
本人としても登場して二役を演じています。

スポンサーサイト



薔薇合戦 (1950)

薔薇合戦

薔薇合戦b

巨匠成瀬巳喜男監督の映画のラベルを初めて作りました。
今月、衛星劇場でやっています。

度々話題になる丹羽文雄の原作で3姉妹を演じる三宅邦子
若山セツ子、桂木洋子が主演です。

化粧品会社を経営し自立する女性を目指す長女(三宅邦子)の
奮闘を話の軸としながら、それに翻弄される次女(若山セツ子)、
三女(桂木洋子)を描きながら、三人が三者三様の人生を前向きに
生きて行こうとするさまを描いています。

若山セツ子、桂木洋子の二人は当時は人気がウナギ登りの
頃だったはずで、この映画はかなり話題になったのでは
ないでしょうか。

岩井半四郎、鶴田浩二、永田光男、大坂志郎などが共演。

十七才の断崖 (1957)

十七才の断崖

根上淳、叶順子の主演の大映映画で監督は原田治夫
今月、衛星劇場でやっています。

高校教師の根上淳が連休中に根上の故郷を訪れた教え子の
女子高校生(叶順子)を案内しているうちに、事故で帰れなくなり
旅館で一夜を過ごすことになるのだが、そこへ二人を捜索中の
刑事たちが現われ、二人の事を誤解した周りの人々によって
騒動に発展していく話です。

この映画はストーリーよりも、共演者が面白い。
叶順子の二人の妹役に子役時代の高野通子と葉山葉子
さらに同級生の一人に新人のクレジットで鶴田和子名義(本名)の
仁木多鶴子、さらにさらに、その姉でミスユニバースの日本代表
だった近藤美恵子が出演していますので、彼女たちを探す
だけでも十分楽しめます。

幌馬車は行く (1960)

幌馬車は行くc

これまた赤木圭一郎の主演のアクション映画で監督は野口博志

蜂蜜を求めて全国を旅する人たちを幌馬車隊に見立てたアイデア
が素晴らしく、他に観たことのない異色作。

列車強盗団の一人で負傷して倒れていた赤木圭一郎が養蜂を
営み旅をする芦田伸介とその孫の笹森札子に助けられ一緒に
旅をするようになるが、そこに強盗団の水島道太郎の一味が
紛れ込んで来て、、、、。

↑にも書いたように、蜂蜜隊が幌馬車を仕立てて旅をするのが
ユニークで、まるで西部劇のような作品に仕上がり面白い映画に
なっています。

郷英治、武藤章生、楠侑子、待田京介、堀恭子などが共演。

天の夕顔 (1948)

天の夕顔

中河與一の同名小説を高峰三枝子、藤川豊彦の主演の描いた
新東宝映画で監督は阿部豊
今月、衛星劇場でやっています。

学生時代から20年以上に渡り、年上の女性を愛し続けた青年の
話で、原作がゲーテの「若きウェルテルの悩み」と比較されるようなので
私の好みの内容ではなく、今回初めてこの作品を知りました。

主演の青年役の藤川豊彦ですが衛星劇場によると、建設業を営む
実業家からの転身で俳優デビューしたようで、私が調べたところ
これ以降は大映で2本の出演作があるだけで引退したようです。
大女優の三条美紀さんと結婚していた時期もあるようで、
と言うことは紀比呂子さんのお父さん?

拳銃無頼帖 明日なき男 (1960)

拳銃無頼帖明日なき男

赤木圭一郎「拳銃無頼帖シリーズ」の四作目で最終作。赤木が
亡くなってしまったので仕方ありません。監督は野口博志
岐阜が舞台になっていますが、しばらく観てないんで内容が
あやふやです。

今回も二つのヤクザ組織を潰す話で。コルトの譲(宍戸錠)
水島道太郎がボスの一派に雇われ、抜き射ちの竜(赤木圭一郎)が
藤村有弘が率いる一派に雇われて最後に共倒れさせてしまう
話になっています。
女優陣は笹森礼子が藤村の妹?、南田洋子が水島の妹役で
共演しています。

大阪野郎 (1961)

大阪野郎

昨日だかに衛星劇場でやってたんですが、まだ観ておりません。
元々はテレビドラマだったものを映画化したようで、大阪の
ドヤ街が舞台の松竹映画で大木実が主演で監督は大曾根辰夫
主題歌をフランク永井が歌っています。

大阪の暗黒街に身を落として行方不明の妹を捜す兄を
大木実が熱演しているようです。
尚、妹役は当時の松竹映画によく出ていた美人女優の
山田百合子が演じているようです。
藤山寛美、曽我廼家明蝶、浪花千栄子、水島道太郎、伴淳三郎
などで結構豪華です。

拳銃無頼帖 不敵に笑う男 (1960)

拳銃無頼帖不敵に笑う男

久しぶりに赤木圭一郎であります。「拳銃無頼帖シリーズ」
3作目で監督は野口博志

早射ちの竜(赤木圭一郎)が親分(二本柳寛)のために対抗する
ヤクザの藤村有弘を撃ち、その刑期を終え金沢に戻って来るところ
から映画がスタートする。

で赤木がやることは3つ

弟分の青山恭二と同棲している妹(吉永小百合)たちを町から
逃がしてやること。

恋人を殺した(事故で死んでいることになってて姿は見せない)の
犯人を探すこと。(笹森礼子はその妹役で洋裁店をやっているが
二本柳寛に言い寄られている)

もう1つが二本柳寛と藤村有弘の両方の組織をつぶすこと。
(二本柳がニセのダイヤモンド、藤村がニセ札を用意して
取引をしようとする、のはお笑いです)

でコルトの謙(宍戸錠)ですが藤村に雇われてニセ札を運ぶのと
ダイヤモンドを鑑定することなんですが、何かにつけ赤木を
助けてくれる役です。
(赤木さんは完全に食われてます)

俺の故郷は大西部 (ウエスタン) (1960)

俺の故郷は大西部

「赤いランプの終列車」から「月は地球を廻ってる」まではすべて
モノクロでしたが、これだけはカラーで撮影されてます。
和田浩治が主演で相手役はお約束の清水まゆみ
監督は西河克己
これももちろん60分くらいのシスターピクチャーです。

映画「OK牧場の決闘」にも描かれたワイアット・アープと
クライトン一家との対決を、その孫たちが何と日本でもう一度
相まみえると言う奇想天外なストーリーですが、今となっては
マニアの間でも有名な映画になっています。

この映画には当時のポップス系の歌手が多数出演しています。
(この映画では必ずしもポップスを歌っていませんが)

守屋浩、井上ひろし、田代みどり、かまやつヒロシ、森山加代子、
平尾昌章と言った歌手たちです。

ロカビリーの三人ひろしは当時有名でしたが、守屋浩、井上ひろし
かまやつひろし、に水原弘も加え、本当は誰が三人ひろし
なんだろう?

月は地球を廻ってる (1959)

月は地球を廻ってる

まだまだ続く50分たらずのシスターピクチャー。
これは当時のフラフープブームに便乗して作られた、中島そのみ
歌う同名の曲を膨らませて作った映画で、岡田真澄と中村万寿子
主演のコメディー映画で監督は私が好きな春原政久

映画は広告会社に勤める営業マンの岡田真澄と恋人の
中村万寿子がスッタモンダしながら、最後に結ばれるまでを
描いています。

そんな二人を邪魔する形になるのがタレントの卵の中島そのみ
岡田が宣伝用に中島そのみと結婚式をあげたことを中村に
本当の結婚式と誤解されたのをキッカケに二人の間に割って
入ってきます。

ラストの方でフラフープコンテストが行われるんですが、当時
似たような事が行われていたかも知れません。
(若い女性たちが誰が最後までフラフープを下に落とさずに
続けられるかと言う、単純なゲーム)


中島そのみですが、日活作品に少し出た後、東宝に移籍して
団令子、重山規子と三人であの「お姐ちゃんシリーズ」
大ブレイクする事になります。

情熱の花 (1960)

情熱の花

まだチマチマやってます。
ザ・ピーナッツのヒット曲の「情熱の花」に因んだ
歌謡映画ですが、ピーナッツは歌の出演だけで主演では
ありません。主演は稲垣美穂子、沢本忠雄で監督は堀池清

婦人警官の稲垣美穂子とその恋人で音楽隊の隊員の沢本忠雄
が非行に走る児童施設の少年たちを楽器の演奏を通して彼らを
更生させようとする話。

稲垣美穂子の兄の楽器店の店員が殺されてしまう事件に
脱走した少年も関わってるのが話の中心になっています。

ピーナッツですが、児童施設への慰問の際にケーシー
リンデンで有名な「悲しき16才」と「心の窓にともしびを」を
また、ラストの児童施設の音楽隊のコンサートで主題歌の
情熱の花」を歌っています。

単車で飛ばそう (1959)

単車で飛ばそう

「赤いランプの終列車」「可愛い花」
に続いてまたまた日活の
歌謡映画で、平尾昌晃の同名のヒット曲を元に作られ、これまた
シスターピクチャーです。監督は添え物映画が得意の井田探

「赤いランプの終列車」にゲストで出演していた青山恭二、平尾昌晃、
丘野美子が主演で、柳谷寛、堀恭子夫婦のペンキ屋に勤める
青山と平尾の二人は青山が作曲家、平尾が画家になるのを夢見る
青年なんですが、最終的に青山が画家で平尾が作曲家で成功して
しまうことになってしまうドタバタコメディーです。
丘野美子は青山の恋人役です。

可愛い花 (1959)

可愛い花

ザ・ピーナッツの同名のデビュー曲を元に作った歌謡映画で
監督は井田探。これも50分程度のシスターピクチャーです。

化粧品会社の社長の母(相馬千恵子)と往年のスター歌手
だが現在は落ちぶれてピアノの調律師をしている父(松下達夫)に
別々に双子とも知らずに育てられた二人が歌手として成功する
までを描いたストーリーです
「赤いランプの終列車」と同じように岡田真澄がラジオの株式市況
ばかり聴いているレコードディレクター、白木マリはその妻で私立探偵
を演じています。

1962年に東宝で作られたピーナッツの映画「私と私」と似てますが
シチュエーションがかなり異なっています。

洋画だとヘイリー・ミルズが二役を演じた「罠にかかったパパとママ
The Parent Trap」( ブライアン・キースとモーリン・オハラが父母)が
似たような話でした。

でピーナッツは映画の中でカテリーナ・ヴァレンテで有名な「情熱の花
(PASSION FLOWER)」と「ちゃっきり節」(これも初期のお馴染みの曲)
と最後に「可愛い花」を披露しています。

あと、話の筋とは無関係ですが、当時の電気冷蔵庫(電源のない
冷蔵庫もあったんで)は下にペダルが付いてて、それを踏んで
開けてたことを思い出しました。


赤いランプの終列車 (1958)

赤いランプの終列車

私が持ってる8ミリテープに古い歌謡映画がいくつかありまして
DVD化しようとしてるんですが、当然ラベルがない(笑)
んで、チマチマ作り始めました。

これは春日八郎芸能生活10周年を記念して作られた映画で、
彼自らが主演でタイトルは彼の同名のヒット曲から取っています。
インチキ芸能プロダクションをやってる岡田真澄やそのライバルの
白木マリ(こちらは真面)が共演しています。
監督は俳優でもある小杉勇
50分くらいのシスターピクチャーです。

車掌をしている春日八郎(映画の中の役名も一緒)が歌手に
なって成功するまでのサクセスストーリーです。(歌謡映画は
こう言う作り方が一番合ってます)

当時、彼が所属していたキングレコードと協賛していたようで
所属歌手がゲスト出演しています。
001.png
映画のタイトル
002.png
平尾昌晃がロカビリー風にアレンジした「聖者が街にやってくる
(When The Saints Go Marching In)」を歌ってます。
プレミアリーグのサッカーチームのサウサンプトンの愛称は
セインツでこの曲がチームの応援歌になっているのを、
50年前にサウサンプトンが来日して日本代表と試合を
した時に、当時のアナウンサーが話していたのを思い
出しました。

003.png
004.png
有名な民謡歌手の斉藤京子さん。
「北海盆唄」はドリフターズの歌ではありません(笑)
005.png
006.png
当時、人気歌手だった三船浩
010.png
011.png
若原 一郎と言えばこの曲「おーい中村君
彼の代名詞ですね。そういえば彼の娘さんの
若原瞳さんは美人だったなあ
012.png
013.png
素晴らしい歌唱力だった石井千恵さん
彼女の代表曲の「吹けよ木枯し
この映像は貴重です
014.png
説明不要の大スター三橋美智也
016.png
017.png
大津美子の「銀座の蝶
ここに幸あり」ほどではありませんが
彼女の代表曲の1つ

あと日活のスターたちもゲストで出ています。
009.png
長門裕之
岡田真澄の事務所にワンタンの出前に来る店員
一杯30円なり まあ当時はそんなもんでしょう
015.png
電気代を払わない岡田真澄の電気を止めに来る工事屋
青山恭二
018.png
ラスト近くの春日八郎のリサイタルに現れ
花束を渡す香月美奈子
美人!
0191.png
同じく丘野美子
目がぱっちりした美人でした
020.png
ラストに出て来る車掌の葉山良二
007.png
春日が歌手になろうと上京する時に偶然乗り合わせた、
やはり野球の選手になるテストを受けに行く設定の
国鉄スワローズ時代の金田正一

ザ・ディープ The Deep (1977)

The Deep

The Deep2

ロバート・ショウ、 ジャクリーン・ビセット、
ニック・ノルティ
主演の宝探し映画で監督が
ピーター・イェーツと有名人が顔を揃えています。

まあ、私にとってこの映画はジャクリーン・ビセットの胸ですね(笑)
この映画を思い出すと真っ先に彼女の胸が出て来ます。
と言う訳で、ラベルもそれにそったものになりました。

純愛物語 (1957)

純愛物語a

今井正監督の名作映画。結婚前の江原真二郎、中原ひとみ
ご夫妻が共演しています。
時々、東映チャンネルで放送されますね。

戦災孤児の二人の正に純愛物語で、二人がスリ仲間から
抜けて幸せをつかもうとするも、広島で生まれた中原ひとみが
原爆症に犯されている事がわかり・・・。

涙の流し唄 命預けます (1970)

涙の流し唄命預けます

藤圭子のヒット曲を元に作られた歌謡映画で主演を目黒祐樹、
生田悦子
が努め監督は市村泰一
今月、衛星劇場でやってます。

偶然知り合った二人(目黒祐樹、生田悦子)が同郷だと
解かり恋に落ちるが・・・。

都会で孤独な二人が故郷に帰って一緒に暮らす事を約束するが
最後に悲劇が待っています。

藤圭子も二人の友達の流しの歌手役で出演しています。
私たちの世代はこの頃の藤圭子の全盛時代を知っています。
ご覧のとうりの美貌で演歌歌手としては異例のアイドルの
ような人気があったんですが、彼女の最大の問題は喋りが
不得意だったこと。

今回、この映画を初めて観ましたが、一番の興味は彼女に
演技ができるのか?と言うことでした。 
案の定、彼女のセリフはすべて吹替えでした。本当に惜しい
ですよね。あれだけの美貌を持ちながら・・。

浅草の夜 (1954)

浅草の夜

川口松太郎の原作を鶴田浩二、京マチ子の主演で描いた大映の
恋愛映画で監督は島耕二。少し前に、日本映画専門チャンネルで
やってました。

浅草の踊子の京マチ子と舞台作家の鶴田浩二は恋仲ですが、
京マチ子は何故か妹の若尾文子と画家の根上淳の恋を反対
している。
映画はこれがどうしてなのか?をテーマに、京マチ子に横恋慕する
劇場のボス(志村喬)の息子( 高松英郎)と鶴田の対決を絡めながら
描いています。

滝沢修、見明凡太朗、品川隆二などが共演。

若くて、悪くて、凄いこいつら (1962)

若くて悪くて凄いこいつら

これも中平康監督の日活の青春アクション映画で高橋英樹、和泉雅子、
和田浩治を中心に出番は少ないが山内賢、清水まゆみも出てる豪華版。

大学生の彼らが事業に失敗し自殺をしようとしている実業界の大物の
清水将夫と偶然知り合う。

映画は彼らが清水が持っている政財界の汚職事件に関わる
人物たちの名前を記したメモを廻る争いに巻き込まれて行く
さまを描いています。

清水の孫娘(進千賀子)が自殺しているはずが生きていたり、話が
多少おかしいですが、テンポのいい作品になっています。

葉山良二、宮城千賀子、細川ちか子、北林谷栄、三島雅夫、安部徹
など脇役陣も豪華です。

危いことなら銭になる Danger Pays (1962)

危ないことなら銭になる

宍戸錠、浅丘ルリ子が主演の日活のアクションコメディーで
監督は私が好きな中平康

紙幣印刷用のスカシ入り和紙の大量の盗難事件が発生。
それに目を付けた宍戸錠、長門裕之、草薙幸二郎、浅丘ルリ子
4人が、和紙を盗んだ連中からそれを奪い、偽札作りの名人の左卜全
偽千円札を作らせ、まんまとドル紙幣と交換に成功するのだが・・・。
最後にオチがついています(笑)

左卜全の女房役の武智豊子がいい味を出してます。
武智さんは当時はNHKの公開生放送の人気番組のお笑い三人組
ビンチャンこと楠トシエの母親役で人気で知らない人間が
いないほど有名だった事を付け加えておきます。

地下街の弾痕 (1949)

地下街の弾痕v

二本柳寛、京マチ子が主演の大映の大阪が舞台の犯罪映画で
監督は森一生。少し前に、衛星劇場でやってました。

二本柳寛を中心に国際的な密輸団の撲滅の為、ボスの高田稔一味と
対決する警察の活躍を描いています。
京マチ子は二本柳の元婚約者で、映画の冒頭の殺人の被害者の妻の
役を演じています。

志村喬、伊達三郎、近衛敏明、菅井一郎、大友柳太朗などの名優
たちが共演しています。

女浮世風呂 (1968)

女浮世風呂

五代将軍綱吉の時代を舞台にした日活がロマンポルノに移行する
前に作られたピンク映画(と言ってもスケールはロマンポルノに比べて
遥かに大きい)で監督は井田探
ちょっと前に衛星劇場でやってました。

見始めて驚くのがクレジットタイトルが英語だと言う事です。
Games for Lovers と言う題名になっています。日本語版は
どうしたんだ?現在行方不明なのか?

さて映画ですが、江戸で若い娘たちの神隠しが横行し、
遊び人の葉山良二(実は隠密)がその中の一人の
二本柳敏恵を探し始めると、娘たちを外国に売り飛ばそう
とする寺社奉行(名和宏)や悪徳商人(冬木京三、大原譲二
が暗躍していることを突き止め対決していく話になっています。

内田高子(ピンク映画では有名)、谷村昌彦、岡崎二朗、福田トヨ
の他に二本柳敏恵に実父の二本柳寛も共演しています。

その夜の冒険 (1948)

その夜の冒険

池部良、喜多川千鶴の主演の大映映画で監督は安田公義
今月、衛星劇場でやってます。

新聞記者(池部良)と女医(喜多川千鶴)の二人が新婚旅行で
大阪から別府に船で向かうのですが、映画はその船内で起きる
いくつかの事件や騒動を描いています。
当時としては、かなりシャレた映画です。

当時、美人の人気歌手だった奈良光枝さんが本人ではなく
歌手の役で女優として出演し1曲歌っています。
また、自殺しようとする若い女性役で若杉須美子名義の
若杉嘉津子も出演しています。

この時代に新婚旅行に行けるのは、結構恵まれていたのでは
ないでしょうか。

愛欲の裁き (1953)

愛欲の裁き

若原雅夫、香川京子の主演の松竹映画で監督は大庭秀雄
有名な 女流作家の吉屋信子の原作なんですが、映画の
タイトルクレジットは毎日新聞連載の「残された者」より
なっています。今月、衛星劇場でやってます。

牧師で厚生施設も運営する若原雅夫には、ずっと病床の妻の
月丘夢路がいる。一方、クリスチャンで育ちの良いお嬢さんの
香川京子は若原を尊敬し彼の助手をしているのですが、この
三人の関係の中で、若原が香川京子をひとりの女性として
みるようになり、その関係のズレが次第に表面化していく
と言うストーリーです。あくまでプラトニックなんですが・・・。

笠智衆、三橋達也、東山千栄子、水上令子、野添ひとみ
などが共演。

海の若大将 (1965)

海の若大将b

これも今更ですが、必要になり作成。

これも思いつくままに、

ヒット曲の君といつまでもに勝るとも劣らないロッカバラードの
恋は赤いバラ、確かハワイの若大将で加山雄三の自作の英語版
で歌われた、に岩谷時子さんが詩を付けて、この映画のヨットの
(映画では青大将の田中邦衛が所有になっている)光進丸の上で
星由里子を前に歌うシーンはロマンチックで最高です。

星さん以外にも沢井桂子、重山規子、 藤山陽子と当時の東宝専属の
女優さんたちが華やかに出ていました。

紀伊国屋スーパーの近くでの乱闘シーンは表参道の交差点
付近ですね。

大根と人参 (1965)

大根と人参

小津安二郎記念映画として作られた松竹のオールスター映画で
小津作品の最大の功労者の笠智衆が主演で監督は渋谷実

笠智衆の家族だけでも妻が乙羽信子、娘たちに岡田茉莉子
有馬稲子、司葉子、加賀まりこと言う豪華キャストで、他にも
スターが目白押しのため、話にまとまりがないのは仕方ないところ。
まあ、結構楽しめますが小津フリークにはお勧めしません。

映画の中の笠智衆は50代後半なんですが、ふと何もかも忘れる
ために、旅に出るところは、私を含めて理解できるご同輩が多い
のでは・・・。

恐怖のミイラ (1961)

恐怖のミイラ

エジプトで発掘して持ち帰ったミイラが蘇生して暴れまわる話
子供の時に観てとっても怖かったテレビドラマでした。

丁度、新東宝が倒産した後で、主な出演者の大半が新東宝出身者で
占められていました。
主役が法医学者の松原緑郎、その姉(若杉嘉津子)の旦那(佐々木孝丸
が考古学者でミイラの研究者、その姪?が三条魔子でミイラが生前に
使えていた王女との二役、舟橋元が松原の先輩。
それ以外に川部修詩、高木二朗が刑事役でこの辺りが、レギュラーの
出演者で、佐々木孝丸と高木二朗を除くとほとんどが新東宝の
出身者です。あと途中の数話に三原葉子も出て来ますので
確認して下さい。

ザ・スーパーガール (1979)

ザ・スーパーガール

プレイガール、プレイガールQに続くお色気アクションドラマで
野際陽子を中心にした女だけの私立探偵たちの活躍を描いている。
東映チャンネルで再放送が始まったのでラベルを作ってみました。

メンバーは野際陽子、山本リンダ、牧れい、樹れい子、泉じゅん、
田中なおみ、ジャネット八田ですが、途中でメンバーチェンジが
あるようです。

1回目を観ましたが、いきなり泉じゅんの裸があったりで、この後も
ゲストを見るとロマンポルノに出てた女優が目白押しなので
期待?できそうです。

価値ある男 Ánimas Trujano (1961)

価値ある男

三船敏郎初めて出演した外国映画(メキシコ)で私もその存在は
50年以上前から知っていましたが、観るチャンスがなく一生観る
事はないだろうと思っていたところ、彼の生誕100年を記念して
今月、日本映画専門チャンネルで放送してくれ助かりました。
監督はイスマエル・ロドリゲス

メキシコの貧しい農村を舞台に、年に一度の祭りを取り仕切る
男(非常に名誉な事らしい)になろうとするいい加減な農夫を
三船が演じています。

正直、そんなに面白い映画ではありませんでしたが、やはり
映画ファンとしては観ておいて損はないでしょう。

嵐の中の男 (1957)

嵐の中の男

明治時代を背景にした三船敏郎の主演の柔道映画で監督は
谷口千吉。今月、日本映画専門チャンネルでやってます。

1960年代までは姿三四郎に代表される柔道物の映画やテレビ
番組が沢山作られていました。

この作品も典型的な柔道映画で、柔道の修行と恋とライバルとの
死闘と言う3拍子揃った作品になっていて、香川京子(美しい)が
相手役を務めています。

小堀明男、田崎潤、磯村みどり、根岸明美、柳永二郎などが共演。

房総ペコペコ節 おんな万祝 (1974)

房総ペコペコ節おんな万祝

九十九里浜を舞台にした網元の娘(星まり子)と漁師の
青年(渋谷健三)の恋を中心に描いたロマンポルノ。

かなりのレアー物で、少し前に衛星劇場でやってましたが、
今回初めて観ました。監督は白井伸明

薊千露、山科ゆり、小松方正、島村謙次などが共演。

猛烈社員 スリゴマ忍法 (1969)

猛烈社員スリゴマ忍法

ウクレレ漫談で有名な牧伸二の主演の社員シリーズ第5作目
(そんなシリーズあったんですね)で監督は市村泰一
きのう、衛星劇場でやってました。

上司の係長(立川談志)に強引に誘われ、上役たちに妾を斡旋して
出世を目論む気の弱いサラリーマンを牧伸二が演じるコメディーで
今回初めて観ましたが意外に面白かったです。

上司たちには藤村有弘、由利徹、財津一郎、牟田悌三が扮し、
愛人になるのが行きつけのバーで事務のアルバイトをしている
美大生の生田悦子で、最後に牧伸二と結ばれます。

また生田悦子の妹に歌手の古都清乃、歌のゲストでヒデとロザンナ
牧の両親を美川陽一郎、武智豊子が演じています。

それにしても、牧伸二の主演のこんなシリーズがあるとは
知りませんでした。多くの人が覚えているのが、NET(現テレビ朝日)
の日曜のお昼の12時から長い間やってた大正テレビ寄席の司会
でしょう。今考えると、あの若さでお昼のゴールデンタイムの番組を
持ってたのは大変なことでしたね。コミックバンド時代の
ドリフターズ(志村けんはいません)やドンキーカルテットとかは
よくでていましたね。

わかれ (1959)

わかれ

鰐淵晴子の主演の松竹の恋愛映画で監督は野崎正郎
先月、衛星劇場でやってました。

小田原の郊外で旅館を経営する母(山田五十鈴)と暮らす
鰐淵晴子と旅館を訪れた若い翻訳家(菅佐原英一)の青年との
出会いと別れを描いています。
今の感覚だとかなり現実ばなれした内容です。

この時、鰐淵さんは14、5歳ですよね。大人びて見えるので
違和感は感じません。ご覧のとうりの超美人です。

安井昌二、笠智衆、佐竹明夫の他に、鳳八千代、日比野恵子、
福田公子と当時松竹にいた若手女優も出ていて地味に
豪華です。

空想天国 (1968)

空想天国

谷啓の主演の東宝のコメディー映画で監督は松森健

簡単に言うと、建設会社の設計技師の谷啓が新しく会社が開発した
プラスチック建材を狙う産業スパイとの争奪戦に巻き込まれて
行く話ですが、谷啓の役が空想癖のある青年の役のため、
最初のうちは現実と空想の区別が付きにくくなっています。

相手役の酒井和歌子は会社の警備係の娘で最後に結ばれますが
空想場面ではイロイロな役で登場します。

共演は母親に京塚昌子、上司の部長が藤岡琢也でその秘書に
北あけみ、同僚のライバルが宝田明、社長が藤田まことでその娘に
豊浦美子
が扮しています。

尚、クレージーのメンバーではハナ肇と桜井センリが刑事役で
出演しています。

ラベルにありますが、谷啓の持ってる縫いぐるみ(名前はガマラ)が
空想シーンではご覧のとうり変身します。

単身赴任 新妻の秘密 (1980)

単身赴任新妻の秘密b

風間舞子の主演のロマンポルノで監督は西村昭五郎
先月、衛星劇場でやってました。

夫(鶴岡修)が名古屋へ単身赴任中で週末だけ戻って来る
生活の主婦の風間舞子が、妻を亡くした中年男(江角英明
とも関係を持つと言う二重生活を描くポルノ映画です。

志麻いづみ、飛鳥裕子、花上晃などが共演。

顔 (1960)

顔

丹羽文雄の同名小説を映画化した恋愛映画で京マチ子、池部良
主演で監督は島耕二
今月、衛星劇場でやってました。

丹羽文雄の原作の映画は献身とか飢える魂とか観てますが、いつも
観ててもどかしく現実ばなれした内容のものが多く、一度観たら
もういいや、と言う映画が多い気がします。この作品もそう。

映画は池部の父親の柳永二郎の後妻で、池部にとっての
育ての母が病弱で、その身の回りの世話をする為に家にきた
のが京マチ子

で母親が亡くなった後、父親がさらに、その後妻に京マチ子が
なり、その京さんと義理の息子の池部とのプラトニックな恋愛を
描いて行く映画。
余りに複雑で1回聞いても解からないでしょう(笑)

船越英二、中田康子、江波杏子などが共演。

半處女 (1953)

半處女

南風洋子、左幸子、南寿美子、城実穂の4人の女子高校生を
描いた新東宝の青春映画で監督は内川清一郎
先月、衛星劇場でやってました。

それぞれの家庭問題や恋愛などの青春映画によくある内容ですが、
何せ65年以上前の話ですから、現代の社会通念とはかなり
違った考え方になっています。

片山明彦、沼田曜一、和田孝、安西郷子、相馬千恵子などが共演で
特に病弱な娼婦役の安西さんはこれがデビュー作のようです。

エレキの若大将 (1965)

エレキの若大将

今更ですが、ちょっと必要になって作ってみました。
内容については説明不要かと思いますので省略。

有名な君といつまでもが歌われた映画ですね。
歌がヒットしたから映画が作られたのではなく、この映画から
歌がヒットして、本当に一人の国民的スターが生まれました。


思いつくままに
このシリーズは後期の社会人になるまでは大学生の青春映画
だった訳で、大学は加山雄三の母校の慶応大学をイメージ
しています。
マドンナ役の星由里子の役名は必ずスミ子さん
ライバル校は京南(慶応)に対して西北(早稲田)大学

ヤングビーツと言う名前のバンドを組んで勝ち抜きエレキ合戦
でる訳ですが、実際に当時似たような番組が放送されていました。
ただ、10組目を勝ち抜く時に夜空の星を演奏しますが、当時やってた
番組では、インストロメンタルのバンドしか観た記憶がなく、
ボーカル付きの演奏は非常に珍しかったですね。


劇中に同じ大学の女性バンド(アイビーシスターズ)もエレキ合戦に
出て来ますが、その中のメンバーの一人が、のちに若大将の奥さん
になる松本めぐみさんです。テレビのズバリ当てましょうでの
泉大助のアシスタントが印象に残っています。

最後に、君といつまでものヒットで一番変わったのは、加山雄三を
テレビで観れるようになったことです。(テレビの歌番組)

当時はまだ、映画スターとテレビスターがハッキリ区別されてた
時代で、今では信じられませんが加山雄三も星由里子も
テレビではまず見れない時代(銀幕のスター)だったんですよ。


舞妓三銃士 (1955)

舞妓三銃士

三人の舞妓さんが言い寄る男たちを撃退するコメディーで1時間
足らずのシスターピクチャーです。舞妓3人には小町瑠美子、
江島みどり、峰幸子と言う当時の大映の2番手、3番手の若手
女優を起用していますが、トップクレジットは花菱アチャコ
浪花千栄子のお二人で夫婦役を演じています。監督は天野信
先月、衛星劇場でやってました。

話は主に、彼女たち3人に同じ手紙を出していた役者(上久保武夫)を
懲らしめる話しと、アチャコが峰幸子に言い寄っている時に愚連隊に
絡まれた際に助けてくれた学生(千葉敏郎)の就職の世話をさせる事
が中心になっています。

スキャンティドール 脱ぎたての香り (1984)

スキャンティドール 脱ぎたての香り

小田かおる主演のロマンポルノで監督は水谷俊之
今月、衛星劇場でやっています。

ノーパン喫茶ならぬランジェリー喫茶をやっている女の子と
そこへ客としてやって来る下着メーカーに勤める下着泥棒が
趣味のオッサン(上田耕一)との奇妙な関係を描いています。

売れない頃はピンク映画に数多く出ていた大杉漣
小田かおるの父親役で出演しています。

あと、ポルノ映画で時々あるんですが、女子大生の話が出て
来ると、私の母校の名前が出るのは何とかなりませんかね。
困ったもんです。

ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを (1969)

ザテンプターズ涙のあとに微笑みを

GSブームの時代にザ・タイガースと人気を2分したザ・テンプターズ
その彼らを主演に唯一作られたアイドル映画で監督は内川清一郎
今月、衛星劇場でやっています。

亡くなってしまったショーケンこと萩原健一の正に原点な訳で、
年齢的に私もピタリ当てはまりますが、彼らのファンの中心は
現在、65歳から70歳くらいの女性たち。当時の中高生。
私のクラスの女子も大勢彼らのファンでしたね。

映画はいかにもアイドル映画らしく、ショーケンを中心に
彼の母親(新珠三千代)の再婚話しなどのエピソードを
挟みながら、他のメンバーたちとバンドを組んでテンプターズの
ヒット曲もたくさん披露していて、当時を知ってる世代にはとても
懐かしい作品になっています。相手役の聖ミカさんは当時のはやりの
ハーフタレントの一人で、私個人としても久しぶりに彼女がみれて
嬉しかったです。
あと、当時はGSのザ・スパイダースに在籍していた堺正章
神様の役でゲスト出演しています。

肉体の密輸 (1956)

肉体の密輸

横浜を舞台にした犯罪映画で主演が水島道太郎
監督は阿部豊。最近、衛星劇場でやってました。

国際的売春組織の壊滅の為に潜入捜査をする海上保安庁の
Gメンの水島道太郎二本柳寛一味と対決する話です。

河野秋武、渡辺美佐子、近藤宏、佐野浅夫、三崎千恵子
などが共演。

影の車 (1970)

影の車10

松本清張の短編集影の車の中の潜在光景を原作とする
松竹映画で加藤剛、岩下志麻が主演で監督は野村芳太郎
最近、衛星劇場でやってました。

妻(小川真由美)との間に倦怠感のある男(加藤剛)が幼馴染で
6歳の男の子を一人で育てている女(岩下志麻)と再会して
愛人関係になるが・・・。

この男の子が全くなつかない(笑)
そのことが男を徐々に追い詰めていき、自分の幼少期がこの
男の子と同様の境遇だった事に気付いて行く話です。

映画は現在と加藤の幼少期の回想シーンで描かれていて
50年前に観たときに引き込まれた記憶があります。

当時、結構ヒットした記憶があり、この後、岩下さんは同じ
松本清張の原作の内海の輪にも主演しました。

OH!タカラヅカ (1982)

OHタカラヅカ

宝塚島と言う、やたらに女の多い架空の島を舞台の美保純
主演のナンセンスなロマンポルノで監督は小原宏裕
最近、東映チャンネルでやってました。

島にやって来た新任教師(冨家規政)と女子高校生たちとの
交流に、島で発生する連続暴行事件を絡ませて描いています。

お正月映画らしく、岡本かおり、森村陽子、太田あや子、
中川みず穂、山地美貴
などの当時の人気女優が総出演。
また、南利明、花上晃が校長と教頭です。

空かける花嫁 (1959)

空かける花嫁

有馬稲子、高橋貞二の主演の松竹の花嫁シリーズの1本で
監督は番匠義彰

繊維問屋の志村喬の孫娘で女子大生の有馬稲子と彼女と
同じアパートの隣に住む演劇作家の高橋貞二が結ばれるまでを
描いています。
松竹の花嫁シリーズってタイトルに花嫁って入ってるにも
かかわらず、何故か結婚式のシーンとか花嫁衣裳を着てる
シーンって少ないんですよね、(この作品もそう)
まあ、気楽に観れるプログラムピクチャーです。

十朱久雄、沢村貞子、小山明子、須賀不二男、福田公子などが
共演で、丸山明宏(美輪)や山下敬二郎が本人役で歌を披露
しています。

若奥様のナマ下着 (1987)

若奥様のナマ下着

小沢めぐみなる女優を主演にしたポルノ映画で配給をにっかつ
しています。監督は石川欣。今月、衛星劇場でやってます。

映画は刑事が女(小沢めぐみ)を任意の取り調べをすることで
進行していきます。彼女のヒモの男と思しき顔のつぶれた
死体が見つかり、彼女に容疑がかかった為・・・。

刑事と女のやり取りは普通の会話ですが、女が男とのことを話す
回想シーンはすべて字幕(テロップ)なっていいます。
ポルノとしては全く魅力がありませんが、出来の悪いミステリーには
なっています。

尚、この映画の原作が宮崎勤事件の時に彼の部屋で見つかった
漫画本と同じなのか、漫画を全く読まない私には解かりません。

夏の秘密 (1982)

夏の秘密

小林久三の原作をアイドルグループのパンジー(こんなクループ
あったんですね)を主演にした珍しいサスペンス映画で
メンバーは北原佐和子、真鍋ちえみ、三井比佐子の3人。
監督は川上裕通

高校を舞台にした映画で、みなしごの北原佐和子がある高校に
転校してきて、水泳部に入部、そこで同じ部員の真鍋ちえみ、
三井比佐子と仲良くなるのだが、ある日、北原佐和子が行方不明に。

物語は残りの二人が彼女を探すうちに、高校の女教師が殺される
事件も発生。
なんてたってアイドル映画ですから、最後は無事解決しますが、
北原佐和子の生みの母親が誰なのかがカギを握っています。

北原さんはその後、女優で活躍してるのは知ってますが、
他の二人の真鍋ちえみ、三井比佐子は何処へ行った(笑)


今回、私の持ってるダビングテープをDVDにするにあたり
ラベルを作成しましたが、松竹映画なんで衛星劇場あたりで
やらないかなあ。

若山富三郎、松尾嘉代、橋爪功、阿藤快、岡本富士太、
丘みつ子、木原光知子など結構豪華なメンバーが共演
しています。

おまんた囃子 ハレンチ音頭 (1981)

おまんた囃子ハレンチ音頭

夏麗子の主演のピンク映画で配給をにっかつがしています。
監督は渡辺護。今月、衛星劇場でやってます。

実はこの映画の実質的な主役はピンク映画界のスターの久保新二です。
東京の下町を舞台にした、いい加減なスケコマシ男の久保新二と
こんな男を好きになってしまう、一杯飲み屋の娘の夏麗子を中心にした
全く中味のない作品です。

黒い下着の女 (1982)

黒い下着の女

倉吉朝子が主演のロマンポルノで監督は斉藤信幸
今月衛星劇場でやってます。

会社の金を横領して恋人と東京に逃げてきた女(倉吉朝子
の末路を描いています。
倉吉さんは演技はお世辞にも上手いと言えませんが、こう言う
ふてくされた感じの役だけは妙にハマりますね。

山口千枝、吉川遊土、小川亜佐美などが共演。

古都 Twin Sisters of Kyoto (1963)

古都a

川端康成の原作を岩下志麻の主演で描いた松竹映画で監督は
中村登。今朝、衛星劇場でやってました。

小説が発表されて直ぐに映像化されたので、時代背景も
ピッタリでしょう。

話は有名なので配役だけ書きますと、千重子と苗子を岩下志麻
二役で、千重子の育ての父母を宮口精二、中村芳子、真一が
早川保、兄の竜助が吉田輝雄、また西陣織の帯職人を長門裕之
が演じています。

その他、東野英治郎、柳永二郎、環三千世、浪花千栄子、
田中春男と豪華です。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

OMI

Author:OMI
FC2ブログへようこそ!
オッサンたちの為に作ってます!!

DVDラベルはネットでナカナカ見つからないようなマイナーな映画を作ろうと思っております。但し、技術的には未熟ですのでご容赦を・・・

FC2カウンター

最新記事

FC2アフィリエイト

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
5位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

TOHO Studio 東宝 (184)
Shin-Toho Studio 新東宝 (92)
Toei Studio 東映 (91)
Daiei Studio 大映 (83)
Nikkatsu Studio 日活 (79)
Nikkatsu Roman Porno 日活ロマンポルノ (108)
Shochiku Eiga Studio 松竹 (83)
Other Japanese Movies (4)
Crazy Cats Movies (24)
Foreign Movies 外国映画 (177)
Agatha Christie's Poirot Series (31)
TV Programs テレビ番組 (60)
探偵 神津恭介の殺人推理 (11)
Momoe Yamaguchi Movies 山口百恵 (14)
Records レコード (36)
その他 (34)
未分類 (7)

月別アーカイブ

Template by たけやん