誰も作らない映画のDVDラベル
fc2ブログ

誰も作らない映画のDVDラベル

オッサンたちの為に作ってます!!

お願い

映画等のコピーの依頼がなくならなくて
困っています。
私には掲載されたすべての映画・テレビ番組
についての著作権がありません。
これまでも一切お断りしてきましたが、今後も
同様です。ご理解下さい。

スポンサーサイト



君たちがいて僕がいた (1964)

君たちがいて僕がいた
東映が舟木一夫を招いて作った青春映画でタイトルの主題歌も大ヒット、
相手役には当時、人気絶頂だった本間千代子を起用しています。
監督は鷹森立一。先月、東映チャンネルでやってました。

小田原の高校を舞台にした典型的な青春映画で芸者をしている姉の
宮園純子と暮らす舟木一夫の進学問題と、舟木一夫を励ます
本間千代子、それに宮園純子に横恋慕するPTA会長の須藤健
宮園純子と体躯教師の千葉真一の交際を問題化して千葉真一を
解任しようとする陰謀を絡ませています。
勿論、最後は青春映画らしくハッピーエンドです。

人間関係は本間千代子の母に高峰三枝子、高峰さんに好意を持つ
病院長に佐野周二、校長に明石潮、それにPTA会長の須藤健の
息子に堺正章が扮しています。

本間千代子さんですが、そもそも東映に入ったのが間違いの元で、
既にやくざ映画が中心になっていた東映で彼女を生かせる企画があるとは
思えませんね。それでいながら、一時は吉永小百合に負けないブロマイドの
売り上げを記録したのは凄いことです。
ですから、私にとって彼女は、高田美和や高石かつ枝と並んで歌謡番組で
青春歌謡を歌っていた綺麗なお姉さんの印象です。
因みに、この映画では「愛しあうには早すぎて」を披露しています。

かあちゃん結婚しろよ (1962)

かあちゃん結婚しろよ

檀一雄の原作を新珠三千代の主演で描いた松竹映画で監督は
五所平之助。今月、日本映画専門チャンネルでやっています。

佐渡を見渡せる新潟の漁村で中学生の謝春国を育てながら小さな
飲み屋をやっている新珠三千代が漁師の田村高廣と再婚するまでの
話に、息子には死んだと言っていた別れた元夫の伴淳三郎が現れる
話が大きなエピソードになっています。

共演は日高澄子、津川雅彦、ハナ肇、倍賞千恵子、高橋とよ、中山千夏、
中村是好、石井均、犬塚弘、桜むつ子
など。

当時、東宝の専属だった新珠さんが松竹に招かれて主演した訳で、
当時の東宝では彼女の主演の企画は難しい状況だったので、
新珠さんにとっても非常に良かったのではないでしょうか。

泣かないで (1959)

泣かないで

Amazon Primeにある和田弘とマヒナ・スターズの大ヒット曲に因んで
作られた歌謡映画で、主演が青山恭二と香月美奈子で監督は吉村廉
45分くらいしかないシスターピクチャーです。

喫茶店で働きながら弟と二人で空襲の時に離れ離れにになった父の
菅井一郎を探す娘の香月美奈子は麻薬取引の連絡係と知らずに、
そのボスの弘松三郎から預かった手紙の受け渡しをするアルバイトを
している。一方、菅井一郎は香月美奈子を娘とは知らずに、彼女の
監視役をしていた。

で映画は香月美奈子が記者の青山恭二とカメラマンの武藤章生
偶然知りあった事から、事件が明るみになって行く、と言うのが
大筋です。

共演は雪岡恵介、深江章喜、野呂圭介、須田喜久代、水木京一、
エミー瀬尾
などで和田弘とマヒナ・スターズも本人役で出演。

喜劇 大安旅行(1968)

喜劇 大安旅行

東映で瀬川昌治監督、舟橋和郎が脚本、渥美清の主演
「列車シリーズ」が松竹に移り、主演をフランキー堺に変えて続行した
「旅行シリーズ」の一作目でシリーズは10作くらいあるようです。
今月、日本映画専門チャンネルでやっています。

国鉄の専務車掌のフランキー堺を主人公に、新婚旅行列車の
カップルにあてられながら、憧れの寿司屋の娘の新珠三千代ではなく
彼を慕ってくれる、観光船ガイドの倍賞千恵子と結ばれるまでを
描いています。

伴淳三郎がフランキー堺の父、笠置シヅ子が新珠三千代の母、
その他、牧伸二、生田悦子、左とん平、園佳也子、晴乃チック、
晴乃タック、早瀬久美、財津一郎、佐藤蛾次郎、園江梨子名義の
平山洋子
が共演で、あの藤田憲子がストリッパー役で出ています。

どうやら、これが今年最後の更新のようです。
皆さん、よいお年を。

星は何でも知っている (1958)

星は何でも知っている

Amazon Primeにある平尾昌章の大ヒット曲に因んで作られた
歌謡映画で丘野美子、岡田真澄が主演の日活映画のラベルを
作ってみました。50分足らずのシスターピクチャーで監督は吉村廉

天才少女作家として作られた偶像を嫌って夜の街に飛び出した
丘野美子と彼女のスクープを取ろうとする雑誌記者の岡田真澄
恋を描いています。

名作映画の「ローマの休日」をかなりの人が思い浮かべるでしょう。
丘野美子はオードリー・ヘプバーン、岡田真澄はグレゴリー・ペック、
それにカメラマンのキドシンをエディ・アルバート
に見立てればよい事
になります。まあ、結末は映画で確認して下さい。

尚、平尾昌章は丘野美子の幼馴染の歌手役で出演、主題歌のほか
「夕焼け小焼け」「会津磐梯山」等をロカビリー調で歌っています。

丘野美子さんについては、あまり触れた事はありませんが。笹森礼子さん
に似た感じの女優で笹森さんが売れ始めた頃には日活を離れ、
歌手としてかなりのレコードを出しています。

他の共演者は葵真木子、伊藤寿章、初井言栄など。

がめつい奴 (1960)

がめつい奴

菊田一夫
の戯曲で三益愛子を主演に大ヒットしたものの映画化で
主演は舞台と同じ三益愛子で監督は千葉泰樹
先月、日本映画専門チャンネルでやってました。

この舞台が三益愛子の当たり役だと言う事と中山千夏が名子役として
有名になったのは知ってましたが、実際に作品を観たのは今回が
初めてです。

大阪のドヤ街の簡易宿所をやってる三益愛子と周りの人々が貧しいが
たくましく、したたかに生きている様を描く群像劇になっています。

関東の人間の私には先ずコテコテの関西弁が堪えます(笑)
三益愛子は宿は息子の高島忠夫にまかせて、金勘定ばかりしていて、
孤児の中山千夏を育てている。


この映画の話の中心は、この土地が不法占拠された土地で、本当の
持ち主の姉妹の草笛光子と団令子の草笛光子が土地を取り戻そうとして
起こる騒動になっています。

本当に多彩な登場人物を森繁久彌、加藤大介、原知佐子、藤木悠、
森雅之、安西郷子、東郷晴子、山茶花究、西村晃、多々良純、中村是好、
柳谷寛、沢村いき雄
などの芸達者が演じていて、好き嫌いは別として
一度は観ておかないといけない作品ですね。
それにしても森雅之や安西郷子の汚れ役を観れるのは本当に珍しい。

謝国権「愛」より ㊙性と生活 (1969)

謝国権 愛より (秘)性と生活

医師の謝国権が出版して当時ベストセラーになった(私は知りません)
「愛より ㊙性と生活」と言うSEXの体位のポーズを掲載した写真集に
ストーリーを持たせてつくった映画で主演の石山健二郎と吉田輝雄
親子で医師を演じ監督は鷹森立一。先月、東映チャンネルでやってました。

石山健二郎と吉田輝雄がやってるのは医師と言うよりセックスコンサルタント
と言う感じて、医院に相談にやって来る人たちの性の悩みをエピソードとして
描いていくだけの映画なんですが、出演者にテレビの「プレイガール」
メンバーが多くでているのが、この映画の売りになっています。

桑原幸子、八代万智子、應蘭芳に高毬子が看護婦役で出演、他に
山城新伍、賀川雪絵、三原葉子、沼田曜一、鈴木ヤスシ、長沢純、
左卜全、南利明
など結構豪華な共演陣です。

ぐれん隊純情派 (1963)

ぐれん隊純情派

本郷功次郎が主演の大映映画で監督は増村保造
少し前に日本映画専門チャンネルでやってました。

親分が捕まってしまい組がなくなった本郷功次郎、藤巻潤、千波丈太郎
3人のチンピラが、旅芝居の座長の息子の本郷功次郎の所に父が亡くなった
と知らせに中村是好がやって来たのをキッカケに一座に戻り芝居を初めて
いくことに・・・・。

3人が二代目中村鴈治郎の指導のもとに段々と芝居にのめり込んでいく姿
、芝居の興行を妨害しようとする興業師である高村栄一との対決に、
病院長の星ひかるを父に持つ三条魔子と本郷との恋を絡めています。

共演はミヤコ蝶々、伊東光一、弓恵子、浜田ゆう子、宮川和子、
大辻伺郎
など。
あまり期待してなかったんですが、さすが増村監督、面白い映画でした。

どうせ拾った恋だもの (1958)

どうせ拾った恋だもの

Amazon Primeにあるコロンビア・ローズの大ヒット曲に因んで
作られた歌謡映画で安井昌二、香月美奈子が主演の日活映画の
ラベルを作ってみました。60分足らずのシスターピクチャーで
監督は関喜誉仁

高野病院に勤める若き医師の安井昌二と看護婦の香月美奈子
恋を描いたメロドラマですが、最後は一応ハッピーエンドになっています。

安井が学生時代から金銭的な援助を受けている為に、病院の娘の
千葉麗子と結婚する事になっている話、香月美奈子の暗い過去、
婦長の新井麗子の不正、と言ったことが話の中心になっています。

共演は三島謙、高品格、片桐恒男、原恵子などでコロンビア・ローズ
看護婦の1人として出演しています。

そういえば先日、日活のOG会の集合写真(多分、清水まゆみさんが
TwitterにUPされたはず)に香月さんも写っていて、相変わらず
目がパッチリで昔の面影を残されていて、大変お綺麗でした。

日本一の若大将 (1962)

日本一の若大将

これも必要になり作成。若大将シリーズの3作目
監督はこれも福田純

加山雄三の今回のスポーツはマラソン。
このあたりから定形のパターンになるんでしょうか。
江口((江原達怡)と妹の照子(中真千子)が恋人同士として描かれるのも
この作品からだったはず。
で今回も 田村奈巳、北あけみ、藤山陽子と専属女優をぜいたくに
投入しています。

血とダイヤモンド (1964)

血とダイヤモンド

宝田明が主演の東宝(宝塚)の犯罪映画のモノクロ作品、こう言うのを
フィルムノアールって言うですかね、で監督は福田純
今月、日本映画専門チャンネルでやっています。

映画全体が半日くらいしかない作品で、神戸の税関でダイヤの原石を
強奪しようと計画していた田崎潤の一味だったが、それを佐藤允、石立鉄男、
藤木悠、砂塚秀夫
の4人組に横取りされてしまう。
それにダイヤモンドにかけられている保険金に目をつけて絡んでくるのが
悪党の私立探偵の宝田明
これに夏木陽介、内田朝雄の刑事たちを加えた四つ巴の攻防が
描かれれ行きます。

息もつかせぬ展開で途中でやめることができません。
共演は怪我をした佐藤允の治療の為に巻き込まれる医師に志村喬、その
娘に中川ゆき、佐藤允に情報を漏らすウェイトレスに水野久美、他に
伊藤久哉、遠藤辰雄、チコ・ローランド等が共演しています。

怪獣映画の監督の印象しかなかった福田監督ですが、こう言う作品も
撮るんですね。

喧嘩社員 / 無敵社員 (1957)

喧嘩社員無敵社員

高倉健と山本麟一の主演の2本のサラリーマン物の青春映画が
東映チャンネルで放送されていたんですが、2作とも1時間くらいの
作品で完全に前後編になっているんで考えた末、2本で1つの
ラベルとしました。監督は2作とも津田不二夫。

慶早大学(すごい名前)の黄金のバッテリーの高倉健と山本麟一
二人がプロ野球に行かずノンプロ野球に行き巻き起こす騒動を
描いています。

ドラフトのない時代のプロ野球のスカウト、モテモテの健さん、
暴力団のゲジゲジ組との対決などが主なエピソードになっていて、
気楽に楽しめる娯楽映画になっています。

共演は行きつけの飲み屋の姉妹に浦里はるみ(健さんと結ばれる)と
中原ひとみ小宮光江は社長令嬢、他に三條美紀、神田隆、
須藤健、花澤徳衛、佐原広二、日野明子
(山本と結ばれる)など。

狸になった和尚さん (1946)

狸になった和尚さん

ワールドカップ
の間はお休みをさせていただきましたが、残りが
3位決定戦(どうでもいい試合)と決勝戦だけとなりましたので
ボチボチ再開させて頂きます。

昔はワールドカップの中継はなく録画でしたが、あのペレや
イングランドのボビー・チャールトン、西ドイツのウーヴェ・ゼーラー

まだ現役の代表チームの選手だった1970年のメキシコ大会
(当時は16カ国しか出られなかったんですよ)から観ている
老いぼれで、日本は野球の国でワールドカップなんて夢の夢の時代
だったので、日本が毎回当然のように出場している時代に生きる
若い人たちが羨ましい限りです。

で今回は戦後すぐに作られた羅門光三郎が主演の大映映画で
監督が私の好きな春原政久。今月、衛星劇場でやっています。

ある村の旧家の当主の見明凡太朗が亡くなり、その莫大な遺産を
故人の遺志を尊重して、東京から来た次男の未亡人の相馬千恵子
その息子に相続させようと、故人の幼な馴染みの羅門光三郎演ずる
和尚の奮闘を描いているのが大筋です

共演は吉川英蘭、須藤恆子、平井岐代子、潮万太郎、小林桂樹
などですが、小林桂樹は私が観た中で一番古い作品かも知れません。

この後に作られる「青い山脈」と同様、当時の日本人に民主主義を教え
こもうとする一種の国策映画と言えるでしょう。

ママおうちが燃えてるの (1961)

ママおうちが思えてるの
淡島千景が主演の松竹映画で監督は川頭義郎
今月、衛星劇場でやっています。

一言で言えば、離婚してシングルマザーになった淡島千景の男4人
女2人(小さい時に男1人が病気で亡くなる)の子育て奮戦記です。

最初の30分くらいが子供が小さい時代でその後、7年間飛んでから
が長男が宗方勝巳、長女が鰐淵晴子、次女が水科慶子、をそれぞれ
演じています。(一番下の双子の男の子は知らないので俳優名は省略)

タイトルは劇中にチョットしたボヤがあるので、それを指しているのでしょう。
大女優・淡島千景の存在感に圧倒されます。
園井啓介、北竜二、浦辺粂子、下元勉、佐山俊二などが共演で、その他に
ついてはキャプチャーしてみました。

ママおうちが燃えてるの
映画のタイトル

文化放送
淡島さんが勤めることになる文化放送

淡島千景
淡島千景
母親役 大女優の貫録です

棟方勝巳
宗方勝巳 長男役

鰐淵晴子
鰐淵晴子 長女役

水科慶子

水科慶子
水科慶子 次女役
お笑い三人組で最後まで独身だった中華そば屋の三遊亭小金馬
(最近亡くなりました)の婚約者で市村俊幸の娘の綺麗なお姉さん役
が印象に残っています

倍賞千恵子
倍賞千恵子
子供たちが小さい頃にいたお手伝いさん役

日高澄子
日高澄子
淡島さんの友人役
先日の[悪魔の乾杯]から14、5年経った頃

別所英夫
城所英男
映画の冒頭に離婚調停に来る弁護士役
後年の悪役時代を除くと[七人の刑事]以外で観るのは
珍しい
因みに、離婚した元旦那は映画には登場しません

吉田輝雄
吉田輝雄
鰐淵さんがラブレターを送ったお巡りさん役
まあゲスト出演

と言ったところ

びっくり三銃士 (1952 )

びっくり三銃士

大木実が主演の松竹の人情喜劇で監督は斎藤寅次郎
以前、衛星劇場でやってて今月も放送になってるんでラベルを作って
みました。

神戸が舞台で
盲目の母・吉川満子と暮らす花売り娘の千秋みつるは8年前の
戦争中に大陸で別れ別れになった兄で船員の星十郎との再会を楽しみに
していたが、その船のボスの伴淳三郎が密輸をしていて、それに
協力しない星十郎は上陸させてもらえず、隙をみて逃げ出したところ
伴淳に打ち殺されてしまう。

その上、伴淳の彼女で金貸しやキャバレーをやっている清川虹子
バカ息子の大泉滉に見初められ、借金の肩代わりに結婚させられ
そうになっていた。

そんな彼女を助けるのが、タイトルにある三銃士大木実、田端義夫、
堺駿二
の三人と言う話です。

大木実は清川虹子の用心棒で千秋みつるの監視をしているうちに、
彼女に同情し寝返る役。
田端義夫は川崎造船所で、映画ではカンカン虫と言っているが要するに
、船のサビ取りやペンキ塗りをしている役。
堺駿二は田端義夫の友人で星十郎と同じ船に乗っていた船員の役。

と言ったところで他に千秋みつるの隣の娘に鮎川十糸子打田典子、
紅あけみ、山路義人、西川ヒデノ
などが共演。

千秋みつるさんは宝塚の出身で女優よりもシャンソン歌手として
有名で、お姉さんの深緑夏代さんも全く同じの宝塚の出身で
シャンソン歌手でした。

忍者ハットリくん+忍者怪獣ジッポウ (1967)

忍者ハットリくん_忍者怪獣ジッポウ

最近、東映チャンネルで始まって喜び勇んでラベルを作り始めたところ
私が観たのと違う番組だった。私が観たのは、この番組の前にやってた
「忍者ハットリくん」の方。

私が観たいのは谷村昌彦演じる花岡実太(はなおか じった)先生
彼が出てないんでガッカリしております。

忍者ハットリくんが小学生の男の子と知り合い、その一般家庭に居候
するのは前作と同じで、小学生のフジ夫君が江原一哉、フジ夫の
パパが市村俊幸、フジ夫のママが関千恵子でナカナカ面白い配役、
で何とフジ夫のお姉さんが子役時代の松坂慶子ではないですかあ。
これで俄然観る気が起こりました。

怪獣は頂けませんが松坂慶子が観れるんで良しとしましょう。
確か、「忍者ハットリくん」の方は隣の家の女の子が子役時代の
奈良富士子だったんだよなあ。

天下の御意見番 (1962)

天下の御意見番

これも現在、東映時代劇YouTubeで配信中の時代劇でトップクレジット
片岡千恵蔵ですが、タイトルにある[天下の御意見番は大久保彦左衛門
のことですから、その役は月形龍之介が演じていて主演で監督は松田定次

将軍家への年始の挨拶に来た大名の原健策と旗本の山形勲の行列が
先を争い騒動になり、旗本の山形勲の方に大きなおとがめが下ったことにより
それが大名対旗本の確執に発展する。

それに天下の御意見番の大久保彦左衛門(月形龍之介)が巻き込まれて行く、
と言うのが大筋です。

配役が豪華で両御大の片岡千恵蔵は松平伊豆守、市川右太衛門
水戸頼房でゲスト出演。松方弘樹が一心太助、北大路欣也が徳川家光を
演じ他に木村功、桜京美、菅貫太郎、戸上城太郎、徳大寺伸、香川良介、
二代目澤村宗之助、三島雅夫
など書ききれません。
ただ、女優陣は意外に地味で大きな役では丘さとみが彦左衛門の所に
押しかけ女房になろうとやって来る大阪の米問屋の娘を演じています。

豪華なセット、大勢の出演者で昔の東映の時代劇を観ると、今のショボイ
時代劇は観れませんね。

制服ワイセツ犯 性魔 (1986)

制服ワイセツ犯性魔

唐突ですが清里めぐみの主演の日活ロマンポルノで監督は児玉高志

高校生の清里めぐみは男性教師の青木竜也との淫行が学校の知ることと
なり、教師が退職。それから3年後、清里めぐみはホテトル嬢のアルバイトを
している短大生、青木竜也はコピー機のセールスマンに・・・。

映画はそんな二人が再会する、と言う話でストーリーは面白くありませんが、
何と言っても、この映画は清里めぐみです。彼女のグラマラスなボディーが
堪能できます。

時代はAV時代と重なってきているせいか、かなりハードな作品です。

危険な女 (1959)

危険な女

Amazon Prime にある渡辺美佐子が主演の日活映画のラベルを
作ってみました。60分足らずのシスターピクチャーで監督は
若杉光夫

有名な松本清張の小説[地方紙を買う女]の映画化で映画化はこれ1回
だけですが、テレビ化は定期的に行われているので、主な配役だけ
書きますと潮田芳子が渡辺美佐子、その夫が下元勉、杉本隆吉が
芦田伸介、庄田が大滝秀治で 杉本のアシスタント的な役は高友子
演じ、他に嵯峨善兵、鈴木瑞穂、南風洋子などが共演。

お世継ぎ初道中 (1961)

お世継初道中

これも現在、東映時代劇YouTubeで配信中の時代劇で主演が
里見浩太朗、桜町弘子で監督は内出好吉

叔父の急死で貧乏藩の若殿になった里見浩太朗は裕福な藩の姫の
桜町弘子との縁組で国元へ旅に出るが、気ままな旅がしたいため
茶川一郎を身代わりにして星十郎と立原博の二人を共に気楽な道中
となるのだが・・・。

で里見浩太朗は藤本二三代が率いる旅回り一座に紛れ込んで、
桜町弘子の前で歌や踊りを披露しますが、この時点では桜町弘子には
里見がお相手の婿君とは解らない設定で、最後に里見の命を狙う
反対勢力の家老の原健策一味と斬り合いになり、これを撃退しメデタシ
メデタシの結末になります。

共演は柳家金語楼、円山栄子、加賀邦男、渡辺篤、赤木春恵などですが
原健策が雇う浪人たちに後の有名人がいます。
石井均、財津肇名義の財津一郎、それにてんぷくトリオ以前の
伊藤証名義の伊東四朗と戸塚睦夫
が出ていますので確認して下さい。

鶯城の花嫁 (1958)

鶯城の花嫁

大友柳太朗が主演の東映の時代劇で監督は松村昌治
この前年に作られた「鳳城の花嫁」の姉妹篇(多分ヒットしたんでしょう)
として作られたようです。これも東映時代劇YouTubeにあったんで
ラベルを作ってみました。

三島雅夫が殿様の鴬城には松(大川恵子)、竹(桜町弘子)、梅(丘さとみ)
と三人の姫がいて、大川恵子の婿に将軍家のお声がかりの松平新七郎
(千秋実)が見合いに来るのだが、それを大川恵子が嫌ったため、やむなく
仮病にして、尼寺に隠し、家臣の大友柳太朗、腰元の中原ひとみ、乳母の
浪花千栄子をつけるのだが・・・。

で映画はこの機に乗じて、幕府から潜入し次席家老になっている山形勲一味
(原健策、徳大寺伸)が藩を取り潰そうとする企てを阻止する大友柳太朗
活躍を描いています。

中身はそんなに深刻な内容ではなく、歌や踊りのシーンが多く、総天然色の
映画で絢爛豪華です。

共演は雪代敬子、山東昭子、志村喬、横山エンタツ、八汐路恵、
霧島八千代
などで女優陣が豪華です。

七人の刑事 終着駅の女 (1965)

七人の刑事 終着駅の女

大ヒットした刑事ドラマ「七人の刑事」の映画版は3作作られ
前2作が松竹で、最終作の3作目が日活で作られたこの作品で
監督は若杉光夫
今月、日本映画専門チャンネルでやっています。

この作品は地方の3本立ての併映作として作られたようで、
上野駅のホームで30歳前後の女が殺害された事件の解決に挑む
七人の刑事(堀雄二、芦田伸介、菅原謙二、佐藤英夫、
 城所英夫、美川陽一郎、天田俊明
)の活躍を描きながら、その
背後にある売春組織や、当時まだ貧しかった東北地方の貧困問題を
クローズアップしています。

メインゲストの笹森礼子は東北から出てきたものの、暴力団に売春を
させられている娘役で、公開順で行くと、これが最後の作品のようです。
共演は他に北林谷栄、梅野泰靖、平田大三郎、大滝秀治、草薙幸二郎、
大森義夫、松下達夫、庄司永建、高山秀雄、杉山元
などです。

尚、この映画は上野駅及びその周辺の大ロケーションをしています。
(JRから地下鉄銀座線に向かう地下への入り口は現在と同じですね)

踊り子行状記 (1955)

踊り子行状記

市川雷蔵、勝新太郎、山本富士子が共演の大映の時代劇で
監督は安田公義。今月、衛星劇場でやっています。

市川雷蔵、勝新太郎の二人は上司の黒川弥太郎より抜擢登用され
そのお祝いの宴会の席で、登用の選にもれた酒癖の悪い河野秋武
暴れだし、翌日も勝新太郎にからんだ事から斬り合いになり、勝が河野を
斬ってしまう。

勝新太郎の親友の 市川雷蔵が身代わりとなるも河野の兄の富田仲次郎
一派に追われることに・・・・

最終的に市川雷蔵、勝新太郎の二人が 富田仲次郎一派と対決する
ことになります。

山本富士子と 長谷川裕見子は映画の最初の宴会で踊る踊り子で
二人とも雷蔵を好きになる設定、また、江島みどりが雷蔵の妹役
を演じています。

長谷川裕見子さんは船越栄一郎の実母で大スター長谷川一夫の姪ですが
本当に綺麗な人ですね。

尚、市川雷蔵、勝新太郎、山本富士子の三人は同い年だそうな・・。

嫁とよばれてまだ三月 (1954)

嫁とよばれてまだ三月10

関西を舞台に名優の渡辺篤が主演の大映の喜劇映画で監督は
天野信。1時間位のシスターピクチャーで今月、衛星劇場で
やっています。

娘の峰幸子と二人暮らしの渡辺篤は、立ち退きになった飲食店街
の仲間と新たに店をはじめ、彼はその中の一人の浪花千栄子
峰幸子も会社員?の上久保武夫と結婚する。

で映画はタイトルどうり結婚3か月たった二組の家庭に起こる
浮気騒動を描いています。
他愛もないはなしですが、結構面白いです。

尚、主題歌は当時の人気歌手の小笠原美都子が歌っています。

で少しキャプチャーしてみました。

タイトル
映画のタイトル

すまんだ飲食街
立ち退きになった飲食街
「すまんだ」って何?
関西の方言ですかね

渡辺篤
渡辺篤
私たちの世代には[お笑い三人組]のクリーニング屋の
江戸家猫八のお父さん役

浪花千栄子
浪花千栄子
関西の勝気なおばちゃん役にピッタリ

峰幸子
峰幸子
あの[舞妓三銃士]の人
今回は大きな役です
のちに丘久美子と改名してテレビで活躍

初音礼子
初音礼子
喜劇女優として有名でした
宝塚新芸座の座長を努めてますが宝塚歌劇団のご出身

種井信子
種井信子
渡辺篤の浮気相手と間違われるが、実は別れた妻の
再婚相手との間にできた娘で峰幸子の異父姉妹
当時の大映作品に結構出てます

姫君一刀流 (1959)

姫君一刀流

姫君一刀流

東映のお姫様女優の大川恵子の唯一の主演映画と言うことで
現在、 動画サイトの東映時代劇YouTubeにある時代劇のラベルを
作ってみました。共演が伏見扇太郎で監督が隅田朝二
いい素材がないのでラベルは適当です。

父親の藩主の津村礼司と母が弟の原健策、腹心の堀正夫
商人の清川荘司の陰謀によりキリシタンにされて殺害される。
姫の大川恵子は家老の水野浩に助けられる。

映画は姫の大川恵子が父母の仇を打つまでを描いています。
共演の伏見扇太郎は商人の清川荘司に抜け荷の疑いをもった
大目付の徳大寺伸の腹心の若侍で、抜け荷と津村礼司の
殺害事件ついて探索することにより大川恵子を助けることになる。

映画は60分ちょっとしかない作品で展開が早いです。
あの時代の東映の時代劇には大勢の女優がいましたが私は
大川さんが一番の好みです。

尚、東映時代劇YouTubeには大川さんも出ている「鶯城の花嫁」も
公開されています。
今後の配信予定には桜町弘子出演の「お世継ぎ初道中」や丘さとみ
出演の「天下の御意見番」が入っています。
YouTubeもバカにできませんね。

第8監房 (1956)

第8監房

柴田錬三郎の同名の原作を三橋達也、月丘夢路の主演で映画化
した日活映画で監督は阿部豊
今月、衛星劇場でやっています。

戦時中の軍隊でやむなく上官を射殺してしまった三橋達也のおよそ
十年後の話で、彼がその上官の妻の月丘夢路に出会ってしまう。
しかも、彼女は三橋達也がいざこざから刺してしまった芦田伸介
情婦なっている、と言う複雑な関係。

映画はそれをキッカケにお互いに心惹かれ合う二人の末路を
描いています。

三島耕、内海突破、河野秋武、植村謙二郎、天草四郎、大森義夫、
松下達夫、山岡比佐乃名義の山岡久乃
などが共演。

ELVIS ON TOUR (1972)

ELVIS_ON_TOUR.png

エルヴィス・オン・ステージの成功に気を良くしたのか、1972年に
もう1本作ったのがこの映画。
前作はラスベガスのショーを中心の映画でしたが今回は全米の
15都市をまわった時のライブが中心の映画です。

1973年1月のハワイからの生放送のライブの間と言う事になります。
「CCライダー」から最後の「好きにならずにはいられない」まで
当時、彼が好んで歌っていた曲が歌われますが、当時の彼を知って
いればお馴染みの曲ばかりです。

丁度、AXN 海外ドラマチャンネルでやっていたので、ラベルを
作ってみました。

妻あり子あり友ありて (1961)

妻あり子あり友ありて

佐田啓二と大木実が主演の松竹映画で監督は井上梅次
今月、衛星劇場でやっています。

大正の終わりから戦後の60年安保の時代までの親友同士の二人の
警察官の半生を描いている作品です。

先ず驚くのが、この作品が150分以上もある当時としては非常に
長い映画だと言うことです。

映画の前半が大木実が中心、大木が途中で亡くなってしまう事も
あるのですが、後半は佐田啓二が中心の作品になっています。

高千穂ひづるが大木の妻、その息子に津川雅彦乙羽信子
佐田啓二の妻、桑野みゆき、三上真一郎がその子供たちで、他に
佐々木孝丸、須賀不二男、水戸光子、山路義人、市川男女之助、
青山宏、牧紀子、安部徹、十朱久雄、北竜二
など書ききれない程の
豪華な配役です。

尚、映画の最後の方の佐田啓二の永年勤続の表彰シーンに
当時現役の警視総監だった原文兵衛が出演しています。

と言うことは、当時の警察は過酷な警察官の激務と、その陰で
犠牲になっている彼らの家族たちの生活を容認していたことに
なりますね。

母ぁちゃん海が知ってるよ (1961)

母あちゃん海が知ってるよ

貧しい漁村を舞台にした日活映画で監督は斎藤武市
最近、衛星劇場でやってました。

タイトルが欠落しているので誰が主役なのか解らない。
このラベルの元になったポスターを見ると、どうやら
若い漁師の浜田光夫らしい。
ただ、映画を観ていると貧しい漁師の宇野重吉か、彼に後妻として
嫁いできた南田洋子か、宇野重吉の連れ子の太田博之あたりが
実質的な主役に思える。

とにかく、何でこんなに貧しいのか?、って言うくらい貧しいし、
その上次から次えと不幸が押しよせて来る。
こんなんだったら漁師はやりたくないなあ(笑)。

共演は金子信雄、初井言栄、松尾嘉代、高野由美、飯田蝶子、
東野英治郎、和泉雅子
などですが、宇野重吉の親戚?の
金子信雄の娘でバスガイドをしている松尾嘉代が可愛い。

夕笛 (1967)

夕笛

[絶唱」と「残雪」の間に作られた舟木一夫の主演の悲恋映画で
共演は松原智恵子で監督はこれも西河克己
今月、チャンネルNECOでやっています。

昭和の初め頃を舞台に展開されるのですが、主演の二人とも病に
してしまう、と言う他にあまり観たことのない設定になっています。

主題歌もヒットしましたから、この映画や東宝で内藤洋子と共演した
その人は昔」(内藤洋子の人気もピークでした)までがGSブームに
立ち向かえた最後だった気がします。

共演は島田正吾、風見章子、小高雄二、野村昭子、細川ちか子
などです。

絞首台の下 (1959)

絞首台の下

Amazon Prime にあった長門裕之、渡辺美佐子が主演のサスペンス映画の
ラベルを作ってみました。監督はこれも西河克己

新聞社を辞め自分で小さな通信社をやっている長門裕之の友人で
北海道で牧場をやってる上野山功一の妹の稲垣美穂子に行方不明だった
恋人の赤木圭一郎〔新人〕からの手紙が届く。

稲垣美穂子と途中で出会った赤木の友人の木浦佑三と差出住所の千葉へ
行ってみると、そこは刑務所で殺人の罪で服役していた。
ところが翌日、赤木が脱獄してしまう。

で映画は以前から赤木の事件に関わっていた長門裕之が、これは単なる殺人
ではなく、その背後にある麻薬密輸組織を暴いていく、と言うのが
大筋になっています。

怪しい人物が次々に殺されて行くストーリーはナカナカ面白くて
観始めると途中でやめられません。

内藤武敏、信欣三、松本染升、浜村純などが共演で、その他の共演者は
↓で紹介します。

絞首台の下
映画のタイトル

渡辺美佐子
渡辺美佐子
長門裕之の恋人で女医さん

清水まゆみ
清水まゆみ(左)〔新人〕
長門裕之の通信社にいる助手
他は長門裕之と渡辺美佐子

高島稔
高島稔
やはり長門裕之の通信社にいる助手
子役時代から活躍していました

稲垣美穂子
稲垣美穂子
北海道で兄のやってる牧場を手伝っている

赤木圭一郎
赤木圭一郎〔新人〕
稲垣美穂子の恋人で殺人の罪で
服役している
この後スターになるんですね

永井智雄
永井智雄
赤木の弁護士役 何となく胡散臭い
隣は稲垣美穂子

高階格芦田伸介
高階格(左)と芦田伸介
この映画の刑事役

楠侑子
楠侑子 実は組織の女
劇中度々登場する怪しげな女
最後に組織のボスのハロルド・S・コンウェイ
日本を脱出しようとして空港で捕まる

角田真喜子名義の南條マキ
角田真喜子名義の後の南條(条)マキ 隣は木浦佑三
赤木の友人の木浦佑三の恋人?
歌手として南條マキ名義でレコードを何枚か出していて
初期のロマンポルノにも出演していました

と言ったところ

残雪 (1968)

残雪

先日の「絶唱」から2年後に作られた舟木一夫の悲恋映画ですが
今回は相手役が松原智恵子で監督は同じ西河克己
今月、チャンネルNECOでやっています。

「絶唱」から2年しか経ってませんが、この時は既にグループサウンズの
ブームの真っ只中でそれほどヒットしなかったのでは・・・。
主題歌も聞き覚えがないのでヒットしなかったでしょう。

建築科の大学生の舟木一夫が教授の使いで信州の工事現場に
書類を届ける途中で山の娘の松原智恵子と出会い愛し合う
ようになる。

ここから先は書きませんが、石坂洋次郎の原作なら、どんなに
過酷な運命でも最後はしっかり前を向いて行こうととする結末に
なるんですけどね・・・。

共演は和田浩治、丹阿弥谷津子、山形勲、小橋玲子、江戸家猫八、
松下達夫
などです。

ミステリー・ゾーン The Twilight Zone (1959–1964)

The_Twilight_Zone2.png

The_Twilight_Zone.png

今回作ったのは1959年~1964年にかけて制作されたテレビ番組。
本国では第一シリーズと呼ばれている番組で、
本国ではトワイライト・ゾーン、日本ではミステリー・ゾーンと呼ばれている
番組のこと。

全部で5シーズンまであり、すべてモノクロ撮影で第4シーズンだけが1時間で
他はすべて30分の1話完結の番組でした。(多分)

私は小学生の頃に怖いものみたさに観ていた記憶があります。
実は昨年スーパー!ドラマTVで5シーズン分の全部が放送され、その時に
録画したのを少しずつ観ているところなんですが、
本日9月27日の夜おそくから第1シーズンが始まるようなので
お知らせを兼ねてラベルを作ってみました。
汎用版なので各自自由に加工して下さい。

今見ると当時は全く気付なかったスターが出てまして、確か第1シーズンに
ディズニー映画によく出ていたエド・ウィンロッド・テイラーが出てたりで
ビックリしました。

今回もおそらく第5シーズンまでやるでしょう。
さあ、まだ間に合いますよ!!!

尚、ラベルの男性は番組のナレーションをしていたロッド・サーリングです。

絶唱 (1966)

絶唱

大江賢次の同名小説の映画化で主演が舟木一夫と和泉雅子
監督は西河克己。今月、チャンネルNECOでやっています。

何度も映画やテレビ化されている有名な話で、小林旭と浅丘ルリ子
作品に次ぐ2度目の映画化で、その後、西河監督は山口百恵、三浦友和
のコンビでも映画化しています。

第二次世界大戦中の山陰を舞台に大地主の息子と貧しい山番の娘の
悲恋物語で、ちょうど舟木一夫の全盛時代で映画も主題歌も大ヒット。
映画を観なくても和泉さんの役名が小雪だと言うことを
多くの人が知ったと思います。
共演は太田雅子名義の梶芽衣子、花沢徳衛、初井言栄、志村喬など。

悪魔の乾杯 (1947)

悪魔の乾杯

戦後すぐに作られた大映のサスペンス映画で主演が斎藤達雄
監督は丸根賛太郎。今月、衛星劇場でやっています。

映画は最近警察を辞めた来栖啓吉(斎藤達雄)が私立探偵を始める
までの静養に来ていた友人の井川伊作(南部章三)の経営する神戸の
ホテルで夜中に泣き叫ぶ少年の声を耳にする。
翌日、このホテルに1年以上滞在している車いすの婦人の法村あき子
(英百合子)
から、「今は子供は泊まってないが、1年前に斎藤達雄が
泊まっている部屋で国枝良一なる少年が心臓麻痺で亡くなり、その
父親の大学教授の国枝元信もそれより少し前に車で崖から落ちる
交通事故で亡くなっている」、と言う。

でこの事を疑問を感じた斎藤達雄が、この謎を解明して行くのが大筋に
なっています。

勿論、二人とも殺されているのですが、今のサスペンスドラマと比べて
単純な出来ですし、今の感覚では理解しにくい筋立てになっています。

映画は半分も行かないうちに犯人たちが解ってしまうんで、ここでは
犯人たちを演じた俳優だけは書いておきますと、
林寛、見明凡太朗、水原浩一の3人です。

原作者は書いてないのですが
イーデン・フィルポッツの推理小説「闇からの声」の翻案?
悪く言えばパクリ?

テレビ初放送だそうで、少しキャプチャーしてみました。

悪魔の乾杯
映画のタイトル

斎藤達雄
斎藤達雄
この映画の探偵役の来栖啓吉

南部章三
南部章三(左) 右は斎藤達雄
斎藤達雄の友人でホテルのオーナーの井川伊作

英百合子
英百合子
ホテルに長期滞在している車椅子の婦人の法村あき子
その職業が少年の声を得意にしていた女優だと最後に
解る

北條みゆき
北條みゆき
英百合子の付き人の伸子
英百合子はのぶちゃんと呼んでいる
調べるとプロマイド写真があるくらいの女優なので
少しは有名だったようです

林寛
林寛
亡くなった国枝元信の義理の弟の国枝安彦
2人が亡くなった為に手に入れた遺産は当時で約1000万円
貨幣価値が違う現在だと数十億円と思われる
新東宝のイメージが強い俳優

早見榮子
早見榮子
林寛の家の2人いる女中の一人の民子

日高澄子
日高澄子
国枝元信の娘の国枝裕子 若い頃はメチャ美人
この映画のヒロインで林寛と同居している
宝塚出身でこの年に映画デビューで大映から東映と
長きに渡り活躍し、お婆ちゃんになっても活躍した大女優

丸山英子
丸山英子(真ん中)
林寛の家のもう1人の女中ユキ
日高澄子に付いている

小柴幹治
小柴幹治
日高澄子と相思相愛の医師の河野三次郎
東映大映と長きに活躍した二枚目スター
前にも書きましたが後年、ブラジルに渡ったと言われる

見明凡太郎
見明凡太朗
国枝家の家令(執事)をしていた林寺造
少年・国枝良一と一緒にホテルにいたのはこの男
大映の御大と言っていい名優

水原洋一
水原浩一(当時) 隣は日高澄子
林寛の仲間で日高澄子をものにしようとする小牧直紀
やたらに芸名を変えた人

小柴幹治日高澄子
小柴幹治日高澄子
事件の解決で晴れて一緒になる2人

パイナップル部隊 (1959)

パイナップル部隊

日系二世のロバート・本郷が、朝鮮戦争での自らの体験を元に描いた手記の
映画化で主演は杉浦直樹で監督は内川清一郎
今月の衛星劇場でやっています。尚、原作者のロバート・本郷も出演して
射ます。

朝鮮戦争へ派遣されたハワイに住む日系二世たちの部隊のことを通称
パイナップル部隊と言うそうで、この映画は彼らの朝鮮戦争での活躍を
描く群像劇になっています、
ただ、テレビのコンバットではなく実話ですから登場人物の半分以上が
亡くなっていきます。

杉浦直樹、マイク・佐野、ミッキー安川、ロバート・本郷、月原一夫、
中原功二、青山宏、大川二三夫、山下洵一郎、ジェリー・イトウ、
小坂一也
などが兵士たちを演じています。(半分くらいは知らない俳優です)

他に杉浦直樹の叔父で東京で寿司屋をやっている伴淳三郎、その娘に
十朱幸代、他に山田五十鈴、桑野みゆき、春川ますみ、沢村貞子、
高橋とよ、神楽坂浮子
などか共演で、当時有名なハワイアン歌手だった
エセル中田が1曲歌っています。
あと、巨人の日系人野球選手のエンディ・宮本の名前がタイトルに
ありましたが確認できませんでした。(長嶋の後の5番バッター)

昨日のあいつ今日のおれ (1965)

昨日のあいつ今日のおれ

田村正和の主演の松竹映画で何カ月か前に衛星劇場で
やってました。監督は大槻義一

田村正和が気の弱い浪人生を演じています。
家族構成は便器の会社を作り上げた初代社長の祖父が
三津田健、二代目社長の父に松村達雄、母に荒木道子
三人の姉に芳村真理、国景子、早瀬操がいる。

で大学に行く気のない彼が家出をして医大を目指し七浪
している長門勇の下宿に厄介になり、ヒョンなことから父の
会社でアルバイトすることになる。

一方、一家では北海道にいる祖父・三津田健が近々上京して
重大発表をするので家族全員が揃うように言われている。
で会社で社長秘書をしている芳村真理の婿の柳澤愼一
田村正和をたまたま見かけ、その身代わりにするののだが・・・。
(まあ本人なんだから似ているのは当たり前)

で祖父がやって来た当日、田村正和が家出している間に、
いろいろな人に出会うことによって成長し、裕福だがバラバラ
だった家庭を見事にまとめる都合のいい結末になっています。
(ただ、母の荒木道子だけは彼を本物だと気づいていたようで
本当に優しい眼差しの流石の演技)

他に柳谷寛、桜むつ子、大泉滉、小瀬朗、楠トシエ等が共演して
います。いつもながら友人役の長門勇がいい味を出しています。

球形の荒野 (1975)

球形の荒野

今月の衛星劇場の松本清張特集でやってる作品で主演が
竹脇無我島田陽子で監督は貞永方久

例によって映画化はこの1回だけのようですが、テレビ化は
定期的に行われているようです。

主な配役は竹脇無我が添田彰一、島田陽子が野上久美子、
乙羽信子が野上孝子、芦田伸介が野上顕一郎と言ったところで

他に山形勲、岡田英次、藤岡琢也、笠智衆、大滝秀治
などが共演しています。

落葉とくちづけ (1969)

落葉とくちづけ

ヴィレッジ・シンガーズの同名曲を元に作った歌謡映画で主演は
尾崎奈々と藤岡弘で監督は斎藤耕一。今月、衛星劇場でやっています。
尚、ヴィレッジ・シンガーズは尾崎奈々の大学時代に同じ演劇部に
いた友人5人組とヴィレッジ・シンガーズ本人たちの両方を演じて
います。
大学を出てCMタレントをしている尾崎奈々の前に、漫画家を目指し今は
ペンキ屋をしている藤岡弘が現われ尾崎奈々が2年前に居なくなった
恋人、と言い始める。身に覚えのない尾崎奈々は、はじめは嫌がっていたが
執拗な藤岡弘に段々自信がなくなり、自分が記憶喪失になったのかと思い
始めるのだが・・・。
ここから、ちょっとミステリーじみたおとぎ話になっていきますが、
結末は意外に陳腐で、私のような尾崎奈々ファン以外には、あまりお勧め
できません。
ただ、当時既にヴィレッジ・シンガーズ以上に人気のあったGSのオックス
出演していて、ヒット曲の「スワンの涙」などを披露しています。

今回もちょっとキャプチャーしてみました

落葉とくちづけ
映画のタイトル

尾崎奈々

尾崎奈々

尾崎奈々

尾崎奈々

尾崎奈々
尾崎奈々さんの色々な表情
可愛い!

早瀬久美
早瀬久美
奈々さんの妹役

尾崎奈々早瀬久美
尾崎奈々早瀬久美
お二人とも松竹のテレビの「お嫁さんシリーズ」のヒロインを
努めましたね
それにしても早瀬さんが70年代に入ってから「おれは男だ!
で女子高校生に逆戻りしたのには驚きました

福田妙子
福田妙子
尾崎奈々、早瀬久美の母親役

山本リンダ
山本リンダ
デパートの化粧品コーナーの店員役

尾崎奈々山本リンダ
尾崎奈々山本リンダ
店員の山本リンダがモデルの尾崎奈々を使って
化粧品の説明をしているところ

香山美子
香山美子
マンガ雑誌の編集員役
彼女の女優としてのピークは70年代に
入ってから

佐々木梨里
佐々木梨里
ヴィレッジ・シンガーズのマネージャー役

佐藤蛾次郎
佐藤蛾次郎
奈々さんお見合い相手役

赤松愛
オックスの赤松愛
失神バンドのオックスが失神する時に一番使われたのは
ローリングストーンズの「テル・ミー」でしたね

と言ったところ

ザ・スパイダースのバリ島珍道中 (1968)

ザ・スパイダースのバリ珍道中

ザ・スパイダースの日活での4作目で最終作。監督は西河克己
今月、衛星劇場でやっています。
これで彼らの映画、東宝の「 にっぽん親不孝時代」を含む5作の
ラベルすべて完成です。お疲れさんでした。

今回は国際密輸団が日本からプルトニウムを持ち出そうと、それを
折から海外公演に向かうスパイダースのアンプに隠し、それを回収する
のを引き受けた内田良平と高品格とスパイダースのメンバーとの
攻防を香港・ジャカルタ・バリと移動しながら描くコメディー調の作品に
なっています。
小川ひろみ、伊藤るり子、杉本エマと美人女優が色を添えて楽しい
のですが、劇中にスパイダースがプルトニウムをバリ島の神聖な寺院に
埋めてしまうのは頂けません。
今だったら国際問題になるかも知れません。

で少しキャプチャーしてみました。

ザ・スパイダースの バリ島珍道中
映画のタイトル

伊藤るり子
伊藤るり子
堺正章と婚約中で田辺昭知のいとこの役

杉本エマ01

杉本エマ02
杉本エマ
モデル出身のハーフタレントで11PMのカバーガールだった
国際密輸団の一員
     
小川ひろみ

小川ひろみ>

小川ひろみ
小川ひろみ これがデビュー作のようです
バリに留学している女子大生
このあと松竹の専属になり、あの有名な「おれは男だ!」の
丹下竜子役で早瀬久美以上の人気になります

小川ひろみ杉本エマ
小川ひろみ杉本エマの水着のサービスカット

平凡太郎楠トシエ瞳美沙
左から平凡太郎、楠トシエ、瞳美沙
香港に来ているチェリーシスターズを名乗る芸人の役
平凡太郎がリーダーで女性がチェリーシスターズ

楠トシエ瞳美沙
楠トシエと瞳美沙
実際は姉妹ではなく母娘

木浦佑三
木浦佑三
スパイダースのマネージャー役
日活の脇役では有名な人

堺正章井上順
堺正章と井上順
二人がチェリーシスターズに化けて女装したところ
その後の彼らのコメディアンとしての活躍を暗示しています

鯨神 (1962)

鯨神

後年はポルノ作家として有名な宇能鴻一郎の同名の芥川賞受賞作を
大映が映画化したもので、本郷功次郎、勝新太郎が主演で監督は
田中徳三。今月、衛星劇場でやっています。

明治時代の九州を舞台に巨大な鯨を倒そうとする地元生まれの
本郷功次郎と風来坊の勝新太郎の二人の若者の対決を描き、
それに藤村志保、江波杏子の美人女優が花を添えています。

共演は志村喬、高野通子、藤原礼子、竹村洋介、見明凡太郎、村田知栄子
などが共演しています。


泥棒成金 To Catch a Thief (1955)

泥棒成金

泥棒成金

ヒッチコック
の有名な映画ですが今月、BSシネマでやるようなので
ラベルを作ってみました。
ケーリー・グラントは引退している元泥棒で、その彼とそっくりな手口の
宝石泥棒が現れたため、それを捕まえようとする映画。
ロマンチックで南フランスの風景が楽しめます。
グレース・ケリーも美しい。

妖術武芸帳 (1969)

妖術武芸帳

妖術武芸帳

日曜日のTBSテレビの午後7時、かつて[隠密剣士]が放送されていた
時間にあったチャンバラ・テレビドラマのようです。
今、時代劇専門チャンネルでやっているのでラベルを作ってみました。

主演は佐々木功で江戸時代、幕府の転覆を企む婆羅門(バラモン)
一味の原健策や今井健二らと対決する美剣士の佐々木功の活躍を
描いています。
共演は藤岡重慶、楓ミツヨ、小柴幹治など結構豪華なキャストです。

父子草 (1967)

父子草20

木下惠介が脚本を書いた渥美清が主演のテレビドラマの
映画化の東宝映画で監督は丸山誠治
今月、日本映画専門チャンネルでやっています。

渥美清はシベリヤで捕虜生活をしている間に、彼が戦死して
しまっていると思った妻は息子を連れ弟と再婚してしまった悲しき
日雇い労働者を演じていて、行きつけのおでん屋(女将は淡路恵子)
で知り合った貧しい予備校生の石立鉄男を彼のひとり息子に
見立て、涙ぐましい援助で石立鉄男が大学に合格するまでを、
チョット綺麗過ぎますが、感動的な人情喜劇になってます。

共演は石立の彼女に星由里子、他に本郷秀雄、大辻伺郎、
浜村純
など。男優が渥美清、石立鉄男と言った東宝のイメージの
ない人たちで、音楽も木下忠司が担当していて、東宝と言うよりも
松竹っぽい作品です。

顔 (1957)

顔

これも今月の衛星劇場の松本清張特集の1本で監督は大曾根辰夫

この原作は映画化は1回だけですが、テレビ化は定期的に行われて
いるので話は有名です。
問題は主人公を男にするか女にするかで別れているようです。
(原作は男が主人公)

この映画は女が主人公で殺人を犯しているファッションモデルを
東宝から松竹に移籍してきた岡田茉莉子が演じ、その時の目撃者は
大木実が演じています。

共演は笠智衆、森美樹(若くして亡くなった二枚目スターの珍しい
現代劇)、宮城千賀子、佐竹明夫、松本克平、千石規子、小沢栄、
山内明、細川俊夫、内田良平
など豪華です。

有馬稲子に続いて東宝から松竹に移籍して大女優への道を歩き
出した岡田さんの演技を観るのも一興です。

浅草姉妹 (1960)

浅草姉妹

Amazon Prime にあったこまどり姉妹の同名のヒット曲を元に作った
歌謡映画のラベルを作ってみました。
主演は最近亡くなった沢本忠雄と稲垣美穂子で監督は森永健次郎
50分にも満たないシスターピクチャーです。

浅草の小料理屋の金庫破りの前科のある板前の沢本忠雄が、店の娘の
稲垣美穂子と結ばれるまでの話です。
こまどり姉妹も沢本と同じアパートに住む流しの姉妹役で出ています。

共演は天草四郎、木島一郎、南風夕子、三崎千恵子などです。

花咲く乙女たち (1965)

花咲く乙女たち

舟木一夫の同名のヒット曲に因んで作られた歌謡映画で主演は彼の他に
山内賢、西尾三枝子で監督は柳瀬観
今月、チャンネルNECOでやっています。

尾西市(今は一宮市と合併しているようだ)を舞台に西尾三枝子は繊維工場の
女工、舟木一夫はその工場に給食を提供する配膳センターで働きながら
二人とも定時制高校に通っている。
そんなところに山内賢と堺正章のチンピラがやって来る。二人の目的は女工
たちをキャバレーなどの水商売にスカウトすることである。

で山内賢と堺正章は舟木や西尾三枝子たち女工と仲良くなるのだが・・・。
この後、映画は山内賢がヤクザの足を洗う話や、山内賢と西尾三枝子の恋、
西尾三枝子の家庭問題が物語の柱になって行きます。

共演は田代みどり、伊藤るり子、上月左知子、中村是好、岡田可愛、
金子信雄、菅井一郎
などですが、双子の歌手の京ふたり子の記憶は
私にはありません。

それにしても西尾さんは可愛いくって可憐でセーラー服が似合っていて、
こんな子が学校にいたら男子はみんな彼女が好きになっちゃうんじゃ
ないかなあ。

眼の壁 (1958)

眼の壁

衛星劇場でやっている松本清張の特集の1作で主演が佐田啓二
監督は大庭秀雄

ある電機メーカーが取り込み詐欺にあい課長の織田政雄が湯河原の
山中で自殺する。

映画は部下の佐田啓二が自殺した上司の無念を晴らそうと奔走する
姿を描いていきます。

宝塚出身の鳳八千代の松竹入社の第一作だそうですが、彼女は
本当に綺麗です。また佐田啓二の大学時代の友人で新聞記者の
高野真二がいい味を出しています。

共演は朝丘雪路、宇佐美淳也、渡辺文雄、西村晃、多々良純、
左卜全、永井智雄、十朱久雄、富田仲次郎、永井秀明、佐竹明夫、
小瀬朗
など本当に豪華です。

抜き射ち三四郎 (1962)

抜き射ち三四郎

和田浩冶が主演の日活のアクション映画で監督は山崎徳次郎
今月、衛星劇場でやっています。

抜き射ち三四郎(和田浩冶)が昔世話になった船頭の八代康二
海賊ギャングのために殺された事件の解決の為に活躍するのが大筋で、
一社だけ被害にあっていない海運会社の社長の田中明夫や黒幕の
山内明一味と対決する姿を描いています。

共演は笹森礼子が殺された船頭の娘の看護師、葉山良二は田中明夫の
用心棒ですが本当の正体は刑事、他に郷鍈治、楠侑子、佐野浅夫、
木浦佑三、新井麗子
などが共演しています。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

OMI

Author:OMI
オッサンたちの為にやってます!!!

FC2カウンター

最新記事

FC2アフィリエイト

カレンダー

01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
4位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

TOHO Studio 東宝 (233)
Shin-Toho Studio 新東宝 (121)
Toei Studio 東映 (115)
Daiei Studio 大映 (128)
Nikkatsu Studio 日活 (168)
Nikkatsu Roman Porno 日活ロマンポルノ (141)
Shochiku Eiga Studio 松竹 (178)
Other Japanese Movies (5)
Crazy Cats Movies (25)
Foreign Movies 外国映画 (197)
Agatha Christie's Poirot Series (31)
TV Programs テレビ番組 (77)
探偵 神津恭介の殺人推理 (11)
Records レコード (36)
その他 (42)
未分類 (11)

月別アーカイブ

Template by たけやん