誰も作らない映画のDVDラベル
FC2ブログ

誰も作らない映画のDVDラベル

オッサンたちの為に作ってます!!

ガラス細工の家 (1973)

ガラス細工の家

岸田今日子の主演による火曜日の女シリーズの1本で、脚本が倉本聰
監督は恩地日出夫のサスペンステレビドラマ。

医師の夫(高橋昌也)と二人の息子に囲まれた裕福で
幸せそうな家庭が次男の誘拐事件をキッカケにもろくも
崩れ去ってしまう様を描いています。

一連の火曜日の女、土曜日の女シリーズの中でも最も素晴らしい出來と
言われた作品で、後半に大どんでん返しが待っています。

最近、日本映画専門チャンネルで放送され録画ができたんで
ラベルを作ってみました。

岸田さんはセリフが聴きやすく本当に素晴らしい女優さんだったと
改めて思いました。

スポンサーサイト

JA七五〇号機行方不明 (1959)

JA750号機行方不明b

JA750号機行方不明

待田京介を主演にした新聞記者物で山崎徳次郎監督のデビュー作で
上映時間が1時間ちょっとのシスターピクチャーです。
今月、衛星劇場でやってます。

東京から地方に飛ばされ本社に戻る為に、特ダネを追う記者の待田京介
特ダネを追うのだけが記者ではないと考えるライバル新聞のベテラン記者の
永井智雄の対立を、待田と永井の娘の稲垣美穂子の恋を絡めて
います。

そして、映画の後半でタイトルにある墜落したJA七五〇号機の記事を
書くために待田と永井のそれぞれが単独で山中に赴き、この映画の
クライマックスになって行きます

この頃、永井智雄はテレビの事件記者で有名な相沢キャップを演じて
いた時期ですが、この映画ではタイプの違う万年平の老記者を演じています。

有難や節 あゝ有難や有難や (1961)

あゝ有難や有難や

守屋浩のヒット曲の有難や節をフィーチャーして強引に作った歌謡映画で
主演を和田浩治、清水まゆみのゴールデンコンビが演じ監督は西河克己

映画は自動車修理工の和田浩治が彼の勤め先の社長の森川信
借金している田中明夫と対決していく話ですが、長さが1時間チョット
しかないんで、ご都合主義の連続の映画になってしまっています。

清水まゆみは和田が森川信の息子の守屋浩を探しに行く途中で
知り合う社長令嬢で、彼女の父親の山内明もる田中明夫の一味に
ある機械の設計図を狙われている設定。

吉永小百合
は森川信の娘役ですが出演シーンは多くありません。
上にもかいたように、何もかも都合良く繋がって行き最後は
すべて解決のハッピーエンドです。

尚、他に大坂志郎、 内田良平、近藤宏、高品格、かまやつひろし
などが共演で、多分、作者だからだと思いますがハマクラこと
浜口庫之助先生も最後に出てますんで確認して下さい。

青い山脈 (1949)

青い青春

石坂洋次郎の原作、今井正監督の有名な映画。
最近、寺沢新子役の杉葉子さんの訃報を聞き、なんとなく
ラベルを作ってみました。
これで主な出演者は全員亡くなられ、この映画も遠い彼方に
行ってしまいましたね。

私も50年近く前は映画を真面目に?観てまして、高校で
今井監督をお招きして、橋のない川の上映会をやった事を
思い出しました。

喜劇 セックス攻防戦 (1972)

喜劇セックス攻防戦

性感指圧マッサージ師の山城新伍と大人のおもちゃ屋の由利徹
共同で性の悩みを解決する商売を始めて起きる騒動を描いた
セックスコメディーで監督は高桑信
今月、東映チャンネルでやってます。

内容は詳しく書けませんが、二人が事業資金を借りている
沢彰謙、三原葉子夫婦、他に内田良平、賀川雪絵夫婦、南州太郎夫婦
等の性の悩みの解決がエピソードとして描かれ、最後にステーキハウス
チェーンの経営者の多々良純の商売を乗っ取ろうとする妾の葵三津子
その愛人の医師の丹羽又三郎との攻防がクライマックスになっています。

尚、ずべ公の集三枝子、渡辺やよい、杉本美樹の3人が山城、由利の
アシスタント役になって活躍しています。

早乙女家の娘たち (1962)

早乙女家の娘たち

両親は既に他界している早乙女家(さおとめではなくそうとめと読むらしい)の
次女(香川京子)、三女(白川由美)、四女(田村奈己)を中心に周りの人々の
人間模様を描いた女性映画で監督は久松静児
今月、日本映画専門チャンネルでやってます。

久松監督は大映のイメージが強いですが、その後日活で監督をする
ようになり、警察日記森繫久彌と出会い、その後は東宝作品を
監督するようになり、この時期は駅前シリーズを何本か撮ってますね。

当然のことながら長女(津島恵子)がいるのですが、既に嫁いでいる設定。
で一番の話の中心は大沢健三郎スーパージャイアンツなんかに出てます)
演じる一番下の中学生の弟の非行問題になっています。

男優陣は大沢の担任教師が小林桂樹、白川由美の相手役が定番?の
佐原健二、津島恵子の夫役に小泉博が共演しています。

しびれくらげ (1970)

しびれくらげ

渥美マリでんきくらげ 可愛い悪魔の次に撮った軟体動物シリーズ。
完全に量産体制になっています。で監督を巨匠の増村保造に戻しています。

内容はさすがに飽きたのか、伸し上がるタイプの女ではなく、ある
ファッション関係の企業の売れっ子モデルであるところからスタートし
一旦どん底に落ちるも、また這い上がって行こうとする女を演じて
います。

映画の前半ではファッション会社の営業マンの川津祐介が彼氏で
後半はどん底から救い出してくれたヤクザの青年の田村亮が彼氏役を
演じています。
また、映画でんきくらげで母親(根岸明美)のヒモを演じていた玉川良一
この映画では、だらしのないマリさんの父親を演じていて光っています。
根岸明美も出ててでんきくらげと同じようなメンバーです。

でんきくらげ 可愛い悪魔 (1970)

でんきくらげ 可愛い悪魔2

でんきくらげ 可愛い悪魔

久々に渥美マリ軟体動物シリーズであります。倒産寸戦だった
当時の大映では、もはや江波杏子と彼女に頼るしかなく、この
シリーズも極端ないい方をすれば月1本ペースで作っていた時期です。

この作品も彼女のヒット作のでんきくらげと彼女のヒット曲の可愛い悪魔
くっつけた題名になっています。

当時の大映はマリさんをBB(ベベ)ことブリジット・バルドーの和製版に
しようと画策していた訳で、可愛い悪魔と言うのもBBの主演作の
日本タイトルから持って来たものです。

今回も一連のシリーズ作と同様に、男を利用して伸し上がっていく
女を描いています。監督は臼坂礼次郎笠原玲子、草野大悟などが
共演しています。

ヒット曲の可愛い悪魔はここで聴けます。

深夜放送から火がついてかなりのヒットになり、当時の人気歌番組の
夜のヒットスタジオにも出演しました。

実際、歌も非常に上手く、独特のファルセットボイスが魅力でした。
番組出演時にはバーブラ・ストライザンドが好きだと言っていました。

美貌の都 (1957)

美貌の都

当時のゴールデンコンビ司葉子、宝田明の主演のメロドラマで
監督は松林宗恵。それにしても松林監督はいっぱい作品撮ってますねえ。

大阪が舞台になってまして、ご両人は工場の女工と工員で
恋人同士ですが、そこに会社の社長の息子のボンボンの木村功
割って入り、豊かな暮らしに憧れる司さんが木村の方になびいて
行って、ボンボンのオモチャになってしまう話です。

劇中に挿入されている宝田の歌う同名の主題歌もヒットしたようで
きっと当時の大勢の若い女性たちが観にいったのではないでしょうか。

共演は淡路恵子が宝田の行きつけの飲み屋の店員で
以前に司さんと同じ目にあっている役、小林桂樹は阪急電車の庄内駅の
駅員で宝田の同郷の先輩、司さんの母親に清川虹子、またずべ公女に
扮する環三千世が目立っています。

少し映画をキャプチャーしてみました。

美貌の都001
多分、阪急電鉄の車両

美貌の都002
阪急電鉄の庄内駅ですが、関東の人間の私には
現在と比べてどうなのか解かりません。

美貌の都003
上に挙げた女優さん以外にも今や超有名人が出てまして
向かって左が浜木綿子さんで木村功の妹役
右が扇千景さんで木村功の婚約者の役です。

美貌の都004
扇千景さんをもう一枚
絶世の美女ですね。

ヤムヤム・ガール Under the Yum Yum Tree (1963)

ヤムヤムガールb

ヤムヤムガール

ジャック・レモン主演のピンク・コメディーで監督はデイヴィッド・スウィフト
同じく彼の主演のちょっとご主人貸してと同じです。

親の遺産か何だか知りませんが、ジャック・レモンが高級アパートを経営する男に
扮し、部屋を貸すのは若い女の子だけにしていたつもりが、手違いで大学生の
カップル(キャロル・リンレイとディーン・ジョーンズ)が入居してしまい、
何とかディーン・ジョーンズだけを追い出そうと奔走する話です。

キャロル・リンレイが借りた部屋の前の住人のオバさん役で当時結構
売れてたイーディー・アダムスが出演しています。

あと、アパートの営繕を担当している夫婦の旦那役をコメディアンの
ポール・リンドが演じていて、いい味を出しています。
尚、タイトルバックに流れる主題歌をジェームス・ダーレンが歌っていますが
出演はしていません。

また、私の持ってるテープは日曜洋画劇場での吹替版でジャック・レモンを
定番の愛川欽也が声をあてています。

ヤング・フランケンシュタイン Young Frankenstein (1974)

ヤングフランケンシュタイン2

ヤングフランケンシュタイン

大陸横断超特急に出ていたジーン・ワイルダーが主演のコメディー映画で
監督は60年代にテレビのそれ行け スマートを作っていたメル・ブルックス

フランケンシュタインの子孫でアメリカで医大の講師をしている
ジーン・ワイルダーがフランケンシュタイン家の遺産を引き継ぐ為
恋人のマデリーン・カーンを伴って先祖の故郷のルーマニアに向かい
そこで先祖がモンスターを作った記録を発見、自らもモンスター
ピーター・ボイル)作り出してしまい、それがキッカケに起きる騒動を
描いています。
尚、ジーン・ハックマンがゲスト出演(エンディングロールで名前が出ます)
してますので探してください。

例によって私の持ってるバイリンガルのLDをDVDにするんでラベルを
作成しました。また、ラベルはカラーですが映画本編はモノクロで
撮影されています。

洲崎パラダイス 赤信号 (1956)

洲崎パラダイス 赤信号

戦前は遊郭がたったと言う洲崎にアテもなく辿り着いた男(三橋達也)と
女(新珠三千代)がそこで生活する人々と絡み合いながら、最後に
またアテもなく去っていくまでを描いた映画で監督は川島雄三

今日やった川島監督の作品の中では、これが一番好きです。

新珠さんが働く飲み屋の女将が轟夕起子、三橋が出前持ちになる
そば屋の店員役で芦川いづみが出演しています。

当時の東京の下町の風景が撮影されていますが、その中に
勝鬨橋が出て来ます。私も何度もこの橋を渡ったことがありますが、
この頃はまだ橋が開閉できていた時代で大きな船が通れた時代です。
残念ながら私も橋が開閉するのを見たことがありません。

貸間あり (1959)

貸間あり

大阪にある大きな屋敷全体の部屋を貸間にしている家があって
そこに住んでいる人々を描いた群像劇で、主演がフランキー堺
淡島千景で監督は川島雄三

関東でも昔は1階が老夫婦で2階を間貸ししていることは結構
ありましたが、この映画はコメディーの為か、それを誇張した設定に
なっています。

住人になっている俳優さんたちは桂小金治、浪花千栄子、渡辺篤、
西岡慶子、乙羽信子、藤木悠、益田キートン、山茶花究、清川虹子
など豪華です。

また若き日の市原悦子加藤春哉と夫婦役で出ています。
彼女は決して美人女優ではないので、東宝の美人女優の影で
小さい役を演じながら、徐々に伸し上がっていったんですね。

風船 (1956)

風船

鞍馬天狗シリーズが有名な大佛次郎の原作を川島雄三監督が
映画化した文芸映画。

会社社長一家、父(森雅之)、母(高野由美)、長男(三橋達也)、
長女(芦川いづみ)を中心に周りの人々の人間模様が描かれて
いますが、三橋達也とバーの女給(新珠美千代)と歌手(北原三枝
の三角関係に比重が置かれています。
そんな中、芦川いづみだけは純粋培養のお嬢様を演じていて
とても可愛いです。

他に左幸子、二本柳寛などが共演していて豪華です。

女たちの庭 (1967)

女たちの庭

来月、衛星劇場でやるんでラベルを作成しましたが、未見の為
詳しい内容は解かりませんが、日本橋の老舗の織物店の家族と
周りの人たちの人間模様を描いた松竹映画で監督は野村芳太郎

一家は父(小沢栄太郎)、母(高峰三枝子)、長女(小畠絹子)、
次女(香山美子)、三女(生田悦子)の五人で、映画は次女の
縁談話と三女の出生にまつわる話が中心になっているようです。

このほかに倍賞千恵子次女の友人、三女の本当の親の妹が岡田茉莉子
三女の妹にあたる娘を尾崎奈々と女優陣が豪華すぎます。

生田悦子、尾崎奈々のお二人はテレビのお嫁さんシリーズ
ヒロインだったのを思い出しました。

男優陣は園井啓介、山口崇、千秋実などが共演しているようです。

ラベルはポスターから作りましたが、実際にこう言う場面があるのか、
ポスター撮影の為に集合したのかは不明です。

戒厳令の夜 (1980)

戒厳令の夜

五木寛之の同名のベストセラー小説の映画化で、鶴田浩二、伊藤孝雄、
樋口可南子の主演のミステリーロマン映画で監督は山下耕作
来月に日本映画専門チャンネル?で放映らしいんで、公開以来
久しぶりに観てみようと思いラベルを作成しました。

時々あるんですが、余りにも原作が有名なものを映画化すると意外に
ヒットしないことがありますが、この作品も残念ながらヒットしなかった
映画です。

話は有名ですし、結末は知らないほうがいいでしょう。
当時は新人に近かった樋口可南子のヌードシーンがかなり話題に
なった記憶があります。

他に佐藤慶、伊吹吾郎、長門勇、大木実などが共演。

青い目の嫁はん (1964)

青い目の嫁はんb

1960年代に関西弁を駆使して人気のあった外人タレントの
イーデス・ハンソンを主演に作った松竹映画で、来月に衛星劇場で
テレビ初放送と言うことで、予めラベルを作りました。監督は川頭義郎
私ももちろん未見です。

来日した外人娘のイーデス・ハンソンが文楽浄瑠璃の演者の青年の
藤山寛美と結婚するまでを描いているようである。

私は知らなかったのですがハンソンさんは実際に浄瑠璃の演者と
結婚していたことがあるそうで、逆にそれを題材にしてこの映画を
作ったようである。

相手役が関西喜劇界の大スターだった寛美さんなんで楽しみです。
ミヤコ蝶々の役は寛美さんの叔母さん役のようです。

秘本袖と袖 (1974)

秘本 袖と袖

明治時代を背景に売れない小説家(風間杜夫)とその友人(井上博一
のお気楽な生活とまわりの女たちを描いています。
監督は加藤彰で今月衛星劇場でやってます。

宮下順子は風間の愛人で出征中の軍人の妻、中島葵が井上の
愛人の飲み屋の女中、その飲み屋の女将であの花柳幻舟がでています。
梢ひとみは井上の妹で風間と深い中と言う人間関係です。

宮下順子さんやっと出て来ました。彼女は1970年代のロマンポルノの
代表的なスターでしたね。

幕末 てなもんや大騒動 (1967)

幕末 てなもんや大騒動

人気テレビ番組のてなもんや三度笠を東宝で映画化した3作
のうちのこれが2作目で監督は古沢憲吾

今回はあんかけの時次郎(藤田まこと)と珍念(白木みのる)が幕末を
彩った西郷、坂本、新撰組などの歴史的人物たちの本物・偽物が
入り乱れる騒動に巻き込まれるのが話の中心です。

谷啓、伴淳三郎ほか今回もドリフターズのメンバーが全員出演しています。
他に南利明、財津一郎、芦屋雁之助、鳳啓助、京唄子、平参平などの
テレビ版のレギュラーに加え何と岡八郎まで出ています。

女優陣は野川由美子、磯村みどりに加え歌のゲストに伊東ゆかり
出演してちいさな恋を披露しています。彼女はこの後に大ヒット曲の
小指の想い出を出す訳で全盛時代の幕明け寸前の頃です。

彼女は中尾ミエ、園まりのスパーク3人娘の中で大きなヒット曲が彼女だけ
なかったのですが(当時は園まりの全盛時代)、小指の想い出で大逆転して
一気にトップアイドルになりました。小さい頃から歌ってるんで年齢が若くても
歌はとても上手く、私も大ファンです。

これでてなもんやシリーズの東映を含めて5作全部ラベル完成です。
お疲れさんでした。

てなもんや幽霊道中 (1967)

てなもんや幽霊道中

人気テレビ番組のてなもんや三度笠を東宝で映画化した3作
のうちのこれが最終作で監督は松林宗恵。これも公開当時観てます。

今回はあんかけの時次郎(藤田まこと)と珍念(白木みのる)が謀藩の
後目をめぐるお家騒動に巻き込まれるのが話の中心。

やはりナベプロが制作に絡んでるんでクレージーのメンバーと特に
ドリフターズは全員出演しています。いよいよそう言う時代なんですね。

他に南利明、漫画トリオ、平参平、原哲男のテレビ本編のレギュラーと
もう一人財津一郎が今回出ています。財津一郎と言う人はてなもんや
有名になった人ですが、この映画では残念ながらテレビ版と違う役です。

女優陣ですが野川由美子、久保菜穂子の加え恵とも子が歌のゲストで
出演、何曲か歌も披露しています。この映画の最大の目玉ですね。
役柄も旅回り役者、実は後目を継ぐお姫様と言う重要な役を演じて
います。

前にも書きましたが彼女は当時はハーフタレントの売れっ子アイドル
歌やドラマだけでなく、若者向け番組の司会なんかもやっていました。

下町の太陽 (1963)

下町の太陽

倍賞千恵子が歌って大ヒットした曲をもとに彼女自らの主演で描いた
歌謡映画で監督は山田洋次。この頃から監督と女優の関係が
始まってるんですね。

正に倍賞さんの代名詞と言っていい曲で、本当に大ヒットしました。

映画は上昇志向の強い青年(早川保)と素朴な青年(勝呂誉)との
間で揺れ動く、明るい庶民的な石鹸工場の女工さんを倍賞さんが
演じています。
彼女の通勤に乗るのに、当時は都内を縦横無尽に走っていた都電が
使われています。

待田京介、武智豊子、藤原釜足、石川進などが共演で、ハーフの
青山ミチが歌手の役で出演しています。

倍賞さんはこの後にも、さよならはダンスの後に(これも映画化されてます)が
同じく大ヒットになり、テレビの歌番組にも積極的に出演して歌ってましたね。
たまには歌ってほしいもんです。

てなもんや東海道 (1966)

てなもんや東海道

関西の人気テレビ番組のてなもんや三度笠を東宝で映画化した3作
のうちのこれが1作目で監督は松林宗恵
これは当時映画館で観てますね。製作が渡辺晋でナベプロが作ってるんで、
クレージーのメンバーやゲスト歌手も梓みちよを使ってます。

話はあんかけの時次郎(藤田まこと)と珍念(白木みのる)が
安濃徳(伴淳三郎)と清水次郎長(ハナ肇)の争いに巻き込まれていく
のが中心になっています。

この番組の本編は公開放送をビデオ撮りして放送していたので、
映画でフィルムどりすると全く雰囲気が違ってしまっていることを
特に若い人たちには申し上げておきます。

女優陣は浜美枝、野川由美子、中真千子、沢井桂子、高橋紀子などの
東宝の専属の人たちが色を添えています。(本編にはまず出ません)
ただ、南利明鼠小僧次郎吉だけはテレビ放送でも同じ役で出ていた
記憶があります。

尚、根拠地の関西からは横山ノック・フック・パンチの漫画トリオに加えて
平参平と原哲男のお二人が出演していて懐かしい姿が観れます。
彼らはてなもんやのレギュラーと言っていいくらい本放送に出演してましたね。
この頃が彼らの全盛時代で吉本新喜劇を代表する大スターでした。

ピンクのカーテン (1982)

ピンクのカーテン

ロマンポルノに出てて、その後一般の映画・テレビに出て成功した
女優はたくさんいますが、ロマンポルノで大成功して一般の映画・テレビ
でも成功した女優は美保純をおいていないでしょう。

今もNHKの午後の番組にレギュラーで出てますもんね、大したもんです。

でこの作品がそんな彼女を有名にした代表作です。今月衛星劇場でやってます。
ロマンポルノの女優が一躍アイドルのような人気になりました。
全部で3作作られ、すべて監督は上垣保朗 です。

同居する兄( 阿部雅彦)と妹(美保純)が男と女の一線を越えそうで
超えない危うい関係が周りの人達の人間模様と共に描かれています。

二人以外にも兄の彼女が萩尾なおみ、美保純の不倫相手の
男が望月太郎と3作すべてレギュラーで出ています。

怪猫トルコ風呂 A Haunted Turkish Bathhouse (1975)

怪猫トルコ風呂

長い間、封印されていた映画が今月東映チャンネルで放送され
やっと観ることができました。監督は山口和彦です。

トップクレジットは姉妹役の大原美佐と谷ナオミで、売春防止法が
施行された直後のトルコ風呂(ソープランド)が舞台になっています。

化け猫になるのは姉の谷ナオミで、彼女に復讐されるのは彼女の
ヒモの室田日出男とトルコ風呂のオーナーの殿山泰司の後妻の
真山知子で、この二人の極悪非道ぶりが映画を盛り上げています。

大原美佐さんは新人で、谷さんと同じくトルコ嬢に身を落としますが
そこに客で来るのが、どこぞの若旦那役の山城新伍です。
この頃は山城新伍と言えばトルコ風呂が代名詞だったんで
もう笑うしかありません。

で美佐さんですが、ナカナカの美人で、この映画のヌードシーンが
雑誌のグラビアに掲載され、かなりの話題になっていました。

東映の裸専門の女優さんが出てるのは解かりますが、日活の
谷ナオミや殿山泰司の娘役の東てる美の日活の女優の契約は
どうだったんでしょうか。同じくロマンポルノのためいきの主演だった
立野弓子嬢も出てたりで懐かしかったです。

滅茶苦茶な映画ですがお勧めです。

愛ってなんだろ (1973)

愛ってなんだろ

アイドル天地真理を使って虹をわたってに続いて作られた松竹映画で
監督は広瀬襄。来月衛星劇場でやるようなんで予めつくりましたが
私はまだ未見です。

ラベルを映画のポスターから作りましたが、そこに主題歌が
若葉のささやきと言う曲で、詳しくない私でも聞き覚えがある
タイトルです。

彼女の役はおもちゃ会社ののデザイナーで、フォークソングの
サークルのも入っているようで、相手役の森田健作と共に
新しいおもちゃの開発をするうちに恋が芽生えるような内容の
ようです。

オッサンのたわ言 26

追加、再作成のラベルをお知らせします。

・ 暴風圏 (1959)

DVDラベルはこちらからどうぞ

・ 白線秘密地帯 (1958)

DVDラベルはこちらからどうぞ

・ クレージーだよ 天下無敵 (1967)

DVDラベルはこちらからどうぞ

・ 地の果てまで (1953)

DVDラベルはこちらからどうぞ

・ 恋は緑の風の中 (1974)

DVDラベルはこちらからどうぞ

以上です。


団鬼六 薔薇地獄 (1980)

団鬼六 薔薇地獄

にっかつロマンポルノの団鬼六のシリーズの中でも
最も有名な女優の一人である麻吹淳子が主演した作品で
監督は西村昭五郎

今回の彼女の役は人気歌手の役で、拉致され例によって
例のごとくであります。
今月、衛星劇場でやってます。
吉沢由紀、和田周、石堂洋子、中丸信などが共演、

暁の急襲 (1951)

暁の急襲

水島道太郎が正義感あふれる警察官になって活躍する
アクション映画で監督は何と私の好きな春原政久です。
おそらくテレビ初放送で今月、衛星劇場でやってます。

人間関係を説明しますと、下宿を追い出された水島が厄介に
なるのが先輩警察官の清川荘司の所で、彼には長女の藤田泰子
長男の片山明彦、次男の高島稔がいて、妻は既に他界している。
そこへ、賭博の手入れをした時に助けた田舎娘の香川京子
連れてきて一緒に住んでいる。と言う設定です。

映画は田崎潤が演じるキャバレー経営者の裏家業を暴いていく話
ですが、香川京子や片山明彦が家庭内のイサかいから家出して
しまい、香川さんが田崎潤の女になってしまっているのを助けるため、
片山明彦が乗り込み、警察と田崎一味の銃撃戦のなかで、田崎の
子分を撃ち殺してしまい、水島が片山を逮捕するところで映画は終了です。

その過程の中で、映画は清川荘司が殉職してしまったり、水島道太郎と
藤田泰子の結婚と言ったエピソードが盛り込まれています。
藤田進の役は水島の勤務する警察署の署長役です。

出演者についてですが、藤田泰子さんは松竹の専属でこの映画で
新東宝に貸出されて出演。結婚のため女優としてのキャリアは
短いのですが、何と結婚のお相手があのキョードー東京の創立者
音楽プロモーターの永島達司氏です。私は今回初めて知って驚きました。

また次男役の高島稔ですが、この頃は子役で東宝の潮騒では久保明
弟役だったり、先日の森繁のデマカセ紳士にも出てました。
多分、大人になってから出演したゴジラ対ガイガン
小太りのヒッピーのお兄ちゃんと言えば若い人達にも解かるのでは
ないでしょうか。

ラベルですがポスターから作ったんですが、ラベルの下に写ってるのは
宇津井健にしか見えないのですが、この映画に彼は出で無いんですよね。

娘三羽烏 (1957)

娘三羽烏

松竹の作ったラブコメディーで監督は穂積利昌

タイトルにある娘3人は瑳峨三智子、杉田弘子、小山明子の3人で
それぞれ雑誌記者、車のセールスウーマン、遊覧飛行機のスチュワーデス。

最終的に瑳峨さんは脚本家の大木実、杉田さんはライバルの車の
セールスマンの田村高廣、小山さんは同僚のパイロットの田浦正巳
結ばれるのですが、女同士、男同士でそれぞれが知り合いだったりするんで
かなり入り乱れた展開になります。

また、当時彼女たち3人より人気女優だった岡田茉莉子、有馬稲子
ゲスト出演しています。
岡田さんは大木実の妹役、有馬さんは瑳峨三智子の勤める出版会社の
女社長役です。

裸女と殺人迷路 (1959)

裸女と殺人迷路

清水将夫、丹波哲郎、和田桂之助(和田孝)、御木本伸介の4人が
東京球場の入場料の売上金の強奪を計る犯罪アクション映画で
監督は小野田嘉幹

清水将夫(こう言う役をやるのは珍しい)がリーダー格、丹波哲郎は
根っからの悪、御木本伸介はオツムの弱い丹波の手下、
和田桂之助は悪の道から足を洗いたいが、抜けられない若者で
その恋人が三ツ矢歌子です。
舟橋元、倉橋宏明、国創典などが彼らを追う刑事たち。

東京球場はたびたび話題にしましたが、やっと映像が登場しました。
以前も書きましたが、この球場は日暮里駅から京成電車に乗った
南千住にあった野球場で電車からよく見える場所にあって、当時は
大毎オリオンズのホームグラウンドでしたが、今は存在しません。

また犯人たちが現金を奪った後に逃げ込む先がカスバと呼ばれて
ますが、これが何処なのかは解かりませんでした。
和田桂之助が最後に上野駅を目指すんで、上野からはそんなに
遠くないのではないかと思います。

尚、タイトルにある裸女ですが、この映画の冒頭に丹波哲郎と
御木本伸介が下着姿の女を撃ち殺して川に放り込むシーンを
指していると思われます。

二人の息子 (1961)

二人の息子

宝田明 、加山雄三が主演で監督が千葉泰樹の東宝映画。
千葉監督は東宝で明るい作品とシリアスな作品の両方を
撮っていた人ですが、今回はシリアスな映画です。

父(藤原釜足),、母(望月優子)、長男(宝田明)、次男(加山雄三)
長女(藤山陽子)の五人家族に次々と襲ってくる苦難を
周りの人々の人間模様を絡めて描いています。

宝田明の妻が白川由美、エレベーターガールの藤山陽子の上司が
小泉博、恋人が二枚目スターだった田浦正巳と豪華です。

エレベーターガールは今じゃあ考えられませんが、昔は会社の
エレベーターには必ずいましたよね。私の友人もエレベーターガールの
女の子を見初めて結婚した奴がいます。

森繁のデマカセ紳士 (1955)

森繁のデマカセ紳士

タイトルどうり森繁久彌の主演の新東宝のコメディー映画で
監督は渡辺邦男
東宝の社長シリーズで人気になる前に新東宝で何本か主演映画を
撮ってまして、この映画はその中の1本です。

江畑絢子とのコンビで詐欺を働いて行く話ですが、江畑さんは森繁さんに
使われちゃってる感じです。
女子プロレスに紛れ込まされる場面では
彼女が本当に投げ飛ばされたりしていて、大変だったのでは・・・。

そんなに痛快な作品ではないので、1度見ればたくさんかなあ、と言う
作品です。

江川宇禮雄、阿部九洲男、坊屋三郎、高田稔、花岡菊子
荒川さつき、若杉須美子などが共演ですが、出演シーンが少ない
人も多いので、見逃さないように・・・。

見どころは、続・坊っちゃん社員では清純な役だった紫千鶴さんが
この映画では一転悪女役やっていることです。

天使のはらわた 赤い淫画 Angel Guts: Red Porno (1981)

天使のはらわた赤い淫画

天使のはらわた赤い淫画c

日活ロマンポルノの天使のはらわたシリーズの4作目で、泉じゅん
土屋名美に扮した作品で監督は池田敏春
今月、衛星劇場やってます。

デパートガールの名美が友人の栗田 洋子に紹介されたバイトに行くが、
それが何とビニ本の撮影で、無理やり撮影されてしまい発売されてしまう。

そのビニ本のタイトルがこの映画の題名になっている赤い淫画と言う訳です。

映画はそのビニ本を買ったひとりの若者(阿部雅彦)と名美が偶然出会い
孤独な男と女の触れ合いが描かれていくストーリーです。

愛獣襲ると共に泉じゅんのロマンポルノの代表作と言っていいでしょう。

白い粉の恐怖 (1960)

白い粉の恐怖

三國連太郎を主演に麻薬取締官たちの活躍を描いた映画で
監督は村山新治。今月東映チャンネルでやってます。

高倉健や片岡千恵蔵さんが主役なら単独で麻薬組織に潜入して
活躍する痛快アクション映画になるんでしょうけど、この映画は
地味にオトリを使いながらの地道な捜査をドキュメンタリータッチで
描いています。

東映のお嬢様女優の中原ひとみが麻薬中毒の女と言う汚れ役を
体当たりで演じていて驚きました。

連太郎さんの妻を岩崎加根子、妹を先日の黒い指の男にも
出ていた春丘典子が演じています。

また浜田寅彦、今井俊二、増田順司、清村耕次らが連太郎さんの
同僚の麻薬取締官を演じています。

尚、麻薬取り締まりの場所として新宿界隈が撮影に使われて
いるようです。

夕月 (1969)

夕月

黛ジュンの最大のヒット曲の夕月にちなんで作られ、彼女自らが
主演した歌謡映画で監督は田中康義

看護師の黛ジュンとボクサーの青年の森田健作の悲恋を描いた
恋愛映画です。

今や千葉県知事の森田健作氏ですが、これが芸能界へのデビュー作
一般公募がら相手役に選ばれ、この映画の役名が彼の芸名
なっています。これって意外に知られてないんですよね。


当時、明治学院大学の現役の学生だったはずで、確か彼の
お父さんが警察官で大学だけは絶対に卒業しろと、言われているような
ことを雑誌のインタビューか何かで読んだことがあります。
でも、結局彼は中退のようです。

あと、当時人気絶頂だった中山千夏がジュンさんの同僚の看護師役で
出演しています。
またジュンさんが映画の前半で憧れている医師を健作さんとテレビの
おれは男だで兄弟役になる河原崎長一郎が演じています。
ネットなどではこの役は山口崇になっているようですが、これは
完全な間違いです。

黒い指の男 (1959)

黒い指の男a

高倉健が刑務所帰りの金庫破りの名人に扮するアクション映画で
監督は飯塚増一。今月東映チャンネルでやってます。

健さんんが5年ぶりに刑務所を出ると親分は殺されいて、代貸の
二本柳寛が組を牛耳っていた。
一旦は足を洗い母親(吉川満子)の中華そば屋を手伝っているも
弟の学生の小野透が二本柳一味に利用されているのをキッカケに
対決していくストーリーです。

殺された親分の妹役に故里やよい、佐久間良子が、小野透の
ガールフレンドに春丘典子が扮しています。

映画の冒頭に健さんが地下鉄の出口から地上に出てくるシーンに
写るのは今の有楽町マリオンの晴海通りを挟んだ向こう側で、
この頃は日劇の反対側です。

あの頃の地下鉄丸ノ内線の駅は、まだ今のように銀座駅ではなく
西銀座駅と名付けられていましたが、若い人たちには解かるかな。

多羅尾伴内 三十三の足跡 (1948)  

三十三の足跡

片岡千恵蔵主演の多羅尾伴内シリーズの4作目にして大映での
最終作で監督は松田定次

正月興行を前に稽古に励んでいる団員の前に、以前の劇場主と
仲違いして自殺した人気俳優の幽霊が現れる。またその後劇場主も
自殺している。

映画はこの二つの事件の解明に乗り出す多羅尾伴内の活躍を
描いています。

元劇場主の娘で劇団員でもある姉妹を木暮実千代、喜多川千鶴
演じ、曉照子と杉狂児が劇団員の中でコンビを組んでいていい味を
出しています。

その他、月形龍之介、大友柳太朗、進藤英太郎など、その後
千恵蔵さんと共に東映に移って行く俳優さんたちが共演しています。

追想 Le Vieux Fusil (1975)

追想

追想b

追想c

私の好きなフランス人監督のロベール・アンリコの映画。

第2次世界大戦中を舞台に、田舎に疎開させた妻と娘を
ドイツ軍に虐殺された医師の復讐劇を叙情豊かに描いています。

妻たちを疎開させていたのが小さなお城で、お城の構造上
中が迷路になっているのを巧みに利用しています。

医師を当時の日本であまり知られてなかったフィリップ・ノワレ
また惨殺される妻役をロミー・シュナイダーが演じています。

冒険者」の方が日本では有名ですが、私はこの作品を
忘れることができません。

東京べらんめえ娘 (1959)

東京べらんめえ娘

美空ひばりが浅草の江戸前寿司の多々良純の娘役を演じる
人情喜劇で監督は佐伯清

男まさりのひばりさんがバイクのレーサーの江原真二郎と結ばれるまでを
父の反対を押し切って駆け落ちしてしまった姉の三条美紀や、その赤ん坊の
エピソードなどを挟みながら描いています。

寿司屋の従業員に須藤健、岡部正純、小野透、江原の母に高橋とよ
その他、小宮光江、大村文武、小林裕子、花柳小菊などが共演。

これで、ひばりさんの映画でタイトルにべらんめえと付く作品は
全作ラベルをつくったはずです。お疲れさんでした。

天使のはらわた 名美 Angel Guts:Nami (1979)

天使のはらわた 名美

にっかつロマンポルノの天使のはらわたシリーズの3作目で
主演の名美を鹿沼えりが演じ、監督は田中登

レイプ被害者たちを取材する名美が、取材を続けていくうちに
しだいに自分がレイプされるのでないかと言う妄想に取りつかれていく
話です。一般的にはこれが鹿沼さんの代表作なのでしょうね。

地井武男、山口美也子、水島美奈子、青山恭子のほか
宇南山宏、港雄一、島村謙次などのロマンポルノのご常連が共演で
鹿沼さんの旦那の古尾谷雅人もでています。

セクシー・サイン 好き好き好き (1960)

セクシー・サイン 好き好き好き

野添ひとみ、叶順子、宮川和子の3人が川口浩をめぐって恋の
さや当てを繰り広げるラブコメディーで監督は島耕二
また、主題歌をフランク永井が歌い、映画にも出ています。

川口浩の役はアイスホッケーのオリンピック選手で、出身大学の
コーチで洋服メーカーの社員。

野添ひとみはファッションモデル、叶順子は川口がコーチを
している大学に弟がいて美容師、宮川和子は川口の勤める会社の
社長令嬢。

結末は知らない方がいいと思いますが、大どんでん返しが待ってます。

金田一敦子、北林谷栄、船越英二、矢島ひろ子などが共演。

ファッションモデルの野添さんが色々な服を着ますが、可愛いいし
美人は何を着ても似合います。

野添ひとみ、叶順子、宮川和子の3人はこの後、映画投資令嬢でも
ドタバタコメディーをやってます。

続・坊っちゃん社員 (1954)

続坊ちゃん社員

坊っちゃん社員の続編。私自身は前編に2作品を押し込んで作りましたが
ネット上に続編のポスター画像があったので作ってみました。
監督は同じく山本嘉次郎

今回は小林桂樹の友人の技師の伊豆肇の恋人の紫千鶴に横恋慕する
地元のヤクザの親分の息子の堺左千夫一派との対決が
話の中心になっています。

最後に小林桂樹も東京本社に転勤が決まり、恋人の河内桃子
東京に呼び寄せる約束をするところで終了です。

紫千鶴さんは東宝・新東宝ではこの芸名で出演し、松竹へ移ってからは
紫千代の芸名を名乗っていたようである。


オッサンのたわ言 25

追加、再作成のラベルをお知らせします。

。 サザエさん (1956)

DVDラベルはこちらからどうぞ

・ 東京ドドンパ娘 (1961)

DVDラベルはこちらからどうぞ

・ ジャズ娘に栄光あれ (1958)

DVDラベルはこちらからどうぞ

・ 坊っちゃん社員 (1954)

DVDラベルはこちらからどうぞ

以上です。
 

浅草の鬼 (1955)

浅草の鬼

根上淳、藤田佳子の主演の大映映画で監督は松林宗恵
先月、衛星劇場でやっていました、

松林監督は東宝から新東宝そして東宝へ復帰する狭間で
大映で何本か監督しているようである。

浅草の三社祭の夜にロック座ではなくロッキー座の支配人が
殺され、映画全体としては、最後に犯人が判明するのですが、
刑事役が最後に警官隊が現れるまで見明凡太朗くらいしか
登場しない為、あまり犯罪物の感じかしません。

主人公の根上淳はロッキー座の人気俳優で、浅草界隈で有名で
彼こそがこの映画のタイトルの浅草の鬼と呼ばれる人物である。
ただ、支配人が殺された後は裏方にまわり、支配人の娘で踊り子の
藤田佳子に思いを寄せているが、当の彼女は写真家の北原義郎
相思相愛の設定。根上は事件にそれほど関わって行くわけではないが
最終的に犯人と対決し藤田佳子を助ける役である。

他に山根寿子が根上に思いを寄せる女スリ、山形勲がロッキー座の
新支配人、高松英郎が山形の軍隊時代の部下の役、また映画
高校生と殺人犯で高校生役だった入江洋佑が重要な役を演じています。

藤田佳子さんは大映で女優として活躍した後、悠木圭子の名で
作詞家として活躍されているようである。

オッサンのたわ言 24

年をとって残りの年数が少なくなって来ると (笑)
昔を振り返ることが多くなるのですが・・・。

最近、もう一度見たいドラマは何かなあ、と考えて
中学時代くらいまで振り返ったなかで、


舟木一夫の主演で日本テレビでやってた
泥棒育ち ドロボーイ」にたどり着きました。

舟木一夫が骨董商の息子役で父親(誰だか忘れました)が
死に際に、俺が売ってしまった偽物の骨董品を家にある本物
入れ替える、よう言い残し舟木がそれを従業員たちの力を借りて
成し遂げて行くストーリーになっていて、1話に1つづつ元に戻して
いくスリルのあるコメディーだったと記憶します。
レギュラーは全員覚えてないんですが、大辻伺郎、小坂一也とか
名前は忘れましたが、頭つんつるてんの愛想のよさそうな大柄の俳優、
女優では親桜子(しんさくらこ)と言う、当時結構売れてた可愛らしい
人もレギュラーでした(知らないでしょうけど)。

相手役は大原麗子でこの作品で彼女は多少一般に認知されたんじゃ
ないでしょうか。

うる覚えですが、第1話で佐野周二が大原さんの父親役の骨董品の
鑑定士で、確か展示してある骨董品を贋作だと鑑定し、別の鑑定士は
本物だとなり、ちょっとした論争になり、後日に改めて鑑定することに
なるのですが、それまでの間に舟木たちが偽物を本物と入れ替えて
しまい、佐野周二の鑑定士としての信用は失墜し、それがキッカケで
病に倒れ最後は亡くなるような話だったかと記憶します。

確か、そういうことがキッカケで二人は知り合ったような気がします。
最終話では二人は結婚して終わった記憶があります。

確かとか、記憶があるとか、長い間見てないんで、不確かなこと
ばかりです。

ただ、フィルム撮りだったんで、昔はかなり再放送していました。
フィルムさえあれば再放送は可能なはずです。

団鬼六 花嫁人形 (1979)

団鬼六 花嫁人形

倉吉朝子のロマンポルノのデビュー作にして唯一のSM作品で
監督は藤井克彦
彼女はこれ以前にテレビで見かけた記憶があるんで、それを見て
彼女に目を付けた日活がスカウトしたと思われる。

話は中年男(宇南山宏)によってSMの奴隷と化した倉吉朝子演じる
少女と、そこから助け出そうとする男(中原潤)の物語。
中年男の妻役で志麻いづみが出ています。

来月、衛星劇場で放送予定なんで、予め作っておきました。

麗しのサブリナ Sabrina (1954)

麗しのサブリナb

麗しのサブリナ

Imagdfgte1.png

ビリー・ワイルダー監督の説明不要のロマンティック・コメディ。
日本初公開時のポスターが素晴らしいんでラベルを作ってみました。

ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデン、オードリー・ヘプバーンの共演。

この映画に限らず、オードリー・ヘプバーンの共演男優って大スター
揃いなんですよね。

青い獣 ひそかな愉しみ (1978)

青い獣 ひそかな愉しみ

今月、衛星劇場でやってるロマンポルノで監督は武田一成
今回、初めて観ました。

トップクレジットは水島美奈子になってますが、どうみても彼女が
主役ではなく男子高校生役の加納省吾と言う俳優です。

女優の主役は彼が憧れる年上の女性を演じている稲川順子名義の
小川よりこでナカナカの美人です。

さて映画ですが、受験勉強に行き詰った高校生のはけ口が
両親(三谷昇、秋野美弥子)に対する家庭内暴力でしか
見いだせない様を描いています。

水島美奈子の役は少年の中学時代の同級生の女子高生で
少年の父親(三谷昇)相手に売春して稼いでしまう
ちゃっかりした役です。

当時あった両親を金属バットで撲殺した受験生の事件を
思い出しました。

胸さわぎの放課後 (1982)

胸さわぎの放課後

原作は漫画らしいが、それをひかる一平、坂上とし恵の主演で
実写化した青春映画で監督は石山昭信

女子高生の坂上とし恵と同じ学校のバスケットボール部の
ひかる一平のすがすがしいラブストーリーです。
いい年のオッサンが観るには恥ずかしいような映画。

小林亜星、中原ひとみが坂上とし恵の両親で、朝丘雪路
ひかる一平の母親を演じています。

少女娼婦 けものみち (1980)

少女娼婦 けものみち

この映画以外で観た記憶のない吉村彩子の主演のロマンポルノで
監督は神代辰巳

母親(珠瑠美)と二人暮らしの貧しい環境に育った10代の女の子が
中年男(内田裕也)と若い男の間を揺れ動きながら、成長していく
よくあるタイプの映画です。

主演女優は魅力的なんで、これしか出てないのが残念です。
他に水島美奈子、高橋明、三谷昇が共演。

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

OMI

Author:OMI
FC2ブログへようこそ!
オッサンたちの為に作ってます!!

DVDラベルはネットでナカナカ見つからないようなマイナーな映画を作ろうと思っております。但し、技術的には未熟ですのでご容赦を・・・

FC2カウンター

最新記事

FC2アフィリエイト

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
5位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

TOHO Studio 東宝 (165)
Shin-Toho Studio 新東宝 (88)
Toei Studio 東映 (86)
Daiei Studio 大映 (70)
Nikkatsu Studio 日活 (59)
Nikkatsu Roman Porno 日活ロマンポルノ (78)
Shochiku Eiga Studio 松竹 (59)
Other Japanese Movies (4)
Crazy Cats Movies (23)
Foreign Movies 外国映画 (173)
Agatha Christie's Poirot Series (31)
TV Programs テレビ番組 (56)
探偵 神津恭介の殺人推理 (11)
Momoe Yamaguchi Movies 山口百恵 (14)
Records レコード (35)
その他 (32)
未分類 (6)

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん