誰も作らない映画のDVDラベル 2016年05月
fc2ブログ

誰も作らない映画のDVDラベル

オッサンたちの為に作ってます!!

沢知美 セロシャ・プルモーサ (1968)

沢知美 セロシャ・プルモーサ

1960年代中頃から1970年代の前半にかけて活躍した女優兼歌手です。
非常にセクシーな人で結構好きでしたね。
このレコードに関してはA面よりB面の「夢はいらない」の方がお勧めです。

スポンサーサイト



市地洋子 恋算数 (1970)

市地洋子 恋算数

ラベル作成済の「狼の紋章 」に出ている女優さんです。
歌は一言でいえば上手いですね。
1970年代にかなり活躍したようですね。

闇を横切れ (1959)

闇を横切れ

ストリッパーが殺される事件に端を発する連続殺人事件を追う新聞記者の
活躍を描いた増村保造監督のアクションサスペンス映画です。
主演の新聞記者には川口浩が扮しています。

あなたと私の合言葉 さようなら、今日は (1959)

あなたと私の合言葉 さようなら今日は

市川崑監督がOLの若尾文子を中心に描いたラブコメディーです。
俳優陣が豪華で当時の大映のスターがズラリと並んでいます。
半分のキャストで間違いなく1本撮れますよ。

いとこ同志 (1972)

いとこ同志2

いとこ同志

これも「火曜日の女シリーズ」の作品です。
原作は横溝正史の「三つ首塔」ですが、金田一耕助は登場しません。
ヒロインを島田陽子が演じていますが、とにかく若いいくつだったのかなあ。

女子高校生殺人事件 (1974)

女子高校生殺人事件2

女子高校生殺人事件

火曜日の女シリーズ」が放送日を土曜日に変えてから、
土曜日の女シリーズ」となりこの作品もその中の
1つとして放送されています。

タイトルどうりの内容で、当時人気のあった山口果林さんが
主役の女教師を演じています。
原作は小峰元の「アルキメデスは手を汚さない」なんですが、
犯人が原作と違っていた記憶がありますが、なんせ昔のこと
なので自信がありません。

被害者の女子高校生役の女優さんは、映画「旅の重さ」で
自殺してしまう少女を演じていて、小さな役ですが、
非常に印象に残りました。その後、他のテレビ番組等でも
見かけたのですが、名前がナカナカ判らず困っていた
ところ、この番組でようやく彼女が秋吉久美子と言う
名前だと判りました。
あの秋吉久美子さんです。この頃はまだ無名だったんですよね。

余談ですが、最終回の回想シーンでヌードまで披露して
くれています。
あと山口果林さんを見ていると、宮本信子さんを
思い出してしまいます。お二人は似ているように思えるんですが
どうでしょう?

雨の日の罠 (1970)

雨の日の罠a

雨の日の罠

これも火曜日の女シリーズの1つです。
松原智恵子さんがホステス殺しの容疑をかけられた父親を救う為に、
奮闘する姿を描いたサスペンスドラマです。
父親役は山村聡、彼女に協力してくれる青年役を若き日の田村正和が
演じています。

クラスメート -高校生ブルース- (1971)

クラスメート高校生ブルース

20160507x2206d3198ghyda.png


1960年代の終わりから1970年代の前半に、日本テレビで「火曜日の女」と
言う女優を主演にしたミニシリーズが放送されていました。
主に5話から7話くらいで完結するサスペンスドラマが多かったと思います。

これは武原英子さんが主演の高校で起きた殺人事件の解決に挑む女教師
の活躍を描いています。
武原さんはそれまでは準主役クラスの役が多かったのですが、このドラマで
遂に主役の座を掴み、トップ女優の仲間入りをしたと言えるでしょう。

彼女を知らない若い世代の方はネットで調べて下さい。
当時私も高校生だったので、このドラマは結構学校で話題になったのですが
結論として、こんな美人の先生なんていないだろう、と言うことになりました。

結局、ドラマの内容ではなく、武原さんだけを見ていたようです。

三本指の男 (1947)

20211103215859488.png

三本指の男

これも千恵蔵さんが金田一耕助に扮した横溝正史の原作の映画化作品です。
原作は「本陣殺人事件」ですが、犯人が違っています。

こちらの方が古く1947年の作品です。東横映画というのは東映の前身
だそうで、配給は大映がしています。白木静子役は何と原節子さんです。

あと千恵蔵さんは「獄門島」でも金田一耕助を演じています。

三つ首塔 (1956)

三つ首塔2

三つ首塔

片岡千恵蔵金田一耕助に扮した横溝正史の同名小説の映画化作品です。
監督は小林恒夫
助手の白木静子役はお姫様女優の高千穂ひづる、またヒロイン役を
中原ひとみ
が演じています。中原ひとみさんは若き日にはバンビ
と言われていたそうですがまさにピッタリですね。

アイドルを探せ Cherchez l'idole (1964)

アイドルを探せa

アイドルを探せ

この映画は女優ミレーヌ・ドモンジョを筆頭に、当時のフランスの
人気歌手シルヴィ・ヴァルタンや彼女の旦那のジョニー・アリディなど
総出演みたいな書き方が多いですが、実は彼らは歌のシーンで出るくらいで、
主役は別のフランスの俳優さんたちです。

ミレーヌ・ドモンジョも本人としてのゲスト出演だけです。
私も女優のダニーサヴァルしか知りませんでした。彼女が主役です。

内容は盗んだダイヤモンドをギターの中に隠すのですが、
同じギターが沢山あって、どれに入れたか解らなくなり、探しまわる
コメディー映画です。
ギターの持ち主たちが歌手たちで、探していると彼らが出てくるわけです。

シルヴィ・ヴァルタンがヒット曲「アイドルを探せ」を歌うシーンはあります。
元旦那のジョニー・アリディですが、本国フランスでは日本では考えられない
ほどの大スターであることを付け加えておきます。

和泉雅子 教えて欲しいの (1966)

和泉雅子 教えて欲しいの

松原智恵子さんをやって和泉さんをやらないと片手落ちですよね。
これは有名な山内賢さんとのデュエット曲「二人の銀座」の前に出した曲です。
従いましてヒットしておりません。
子役の時代から美少女でならした和泉さんですが、若い頃は物凄い美人ですね。
ただ歌は得意ではなかったですね。当時は彼女はマコと言われていて、マコと言えば
彼女のことを指していたくらいの人気でした。松原智恵子さんはチーコと呼ばれてましたね。

山内賢さんは東宝の俳優の久保明さんの実の弟で、やはり子役の時代がありまして
当時は久保賢が芸名でしたから多分久保が本名なんでしょう。

由美かおる レッツゴー! 高校レモン娘! (1967)

由美かおる レッツゴー 高校レモン娘

彼女が主演した松竹の青春映画の主題歌です。
ラベルを作りたいのですが、私がもってるのがテープからDVDしたものなので、画質が悪く
使いものになりません。いずれ何とかしたいのですが・・・・。

さて、彼女もレコードはかなりの枚数出してますあが、ヒットしませんでしたね。
しかし今でも現役バリバリなのは凄いですよね。

尚、この映画には他のレ・ガールズのメンバーの何人かが出演しています。

お嬢さん探偵 ときめき連発!(1987)

お嬢さん探偵ときめき連発

何とかの百恵ちゃんと言われた西脇美智子主演のエロチックムービーです。

モコ・ビーバー・オリーブ 夢をみるだけ (1970?)

モコ・ビーバー・オリーブ 夢をみるだけ

モコ・ビーバー・オリーブの曲をもう1枚。これもカバーレコードです。
この時代にカバーレコードを連発していたのは、今となっては特筆すべきでしょう。
A面がエヴァリー・ブラザース、B面がフィル・スペクターがいたテディ・ベアーズの
曲です。どちらも大ヒット曲です。

尚、3人の中で誰が一番人気があったのか?。ビーバーがオリーブの
どっちかだと思いますが。モコさんごめん。きっと声が可愛いかった
のでオリーブかな。

余談ですが、オリーブ(シリア・ポール)は後年、週刊プレイボーイ
だったかな。グラビアでヌードを披露してくれまして、けっこうグラマーでした。
家中さがせば何処かにまだあるはず。

モコ・ビーバー・オリーブ 忘れたいのに (1969)

モコ・ビーバー・オリーブ 忘れたいのに

ニッポン放送の深夜ラジオ番組「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」の
初代「パンチガール」だったのがモコ・ビーバー・オリーブ です。
私も毎晩のように聴いていました。

メンバーはモコ(高橋基子)、ビーバー(川口まさみ)、オリーブ(シリア・ポール)の3人です。

若い方たちの為に一応説明しますと、黒い服がモコ、紅色がビーバー、紫がオリーブです。
ラジオがら爆発的な人気グループが誕生したわけです。

この曲は当時すでに珍しくなった外国の曲を日本語で歌うカバーレコードの
スタイルになっています。A面がパリスシスターズ、B面がコニー・スティーブンス
のヒット曲です。

ちなみに彼女たちのレコードで一番ヒットしたのは「海の底でうたう唄」です。
尚、「わすれたいのに」の中の途中のセリフはオリーブの声です。

その後、モコは司会業などをやっていた記憶があります。ビーバーがその後
一番売れてまして見た目(多分モデル出身?)と違って非常に庶民的な人で、
きっとそれが受けたんでしょう。
オリーブは子役の頃からの女優ですね。日本語は上手いですが日本人ではありません。
歌やラジオで比較的長く活躍していました。

「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」は長く続き、パンチガールも何代かあるようですが、
番組も「パンチガール」にしても、このモコ・ビーバー・オリーブの事を指している
と言って過言ではありません。他はどうでもいい存在です。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

OMI

Author:OMI
オッサンたちの為にやってます!!!

FC2カウンター

最新記事

FC2アフィリエイト

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
56位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
4位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

TOHO Studio 東宝 (233)
Shin-Toho Studio 新東宝 (121)
Toei Studio 東映 (115)
Daiei Studio 大映 (128)
Nikkatsu Studio 日活 (168)
Nikkatsu Roman Porno 日活ロマンポルノ (141)
Shochiku Eiga Studio 松竹 (178)
Other Japanese Movies (5)
Crazy Cats Movies (25)
Foreign Movies 外国映画 (197)
Agatha Christie's Poirot Series (31)
TV Programs テレビ番組 (77)
探偵 神津恭介の殺人推理 (11)
Records レコード (36)
その他 (42)
未分類 (11)

月別アーカイブ

Template by たけやん