誰も作らない映画のDVDラベル 2019年11月
fc2ブログ

誰も作らない映画のDVDラベル

オッサンたちの為に作ってます!!

青空娘 (1957)

青空娘

源氏鶏太の原作を若尾文子の主演で描いた青春映画で監督は
増村保造。その後、数々の増村作品に出演することになる彼女が
初めてコンビを組んだのがこの映画。

田舎で祖母に育てられた若尾文子が祖母が亡くなる時に、
東京の実家の母は本当の母ではないと知らされる。
そんな彼女が高校を卒業後、実家に戻り、そこで女中のように
扱われながらも、本当の母に巡り合い、好きな男性と結ばれる
までをさわやかに描いています。

共演は父親が信欣三、継母が沢村貞子、姉が穂高のり子
兄が品川隆二で実母を定番の三宅邦子が演じています。

また若尾さんの高校の恩師を菅原謙二、恋人役を
川崎敬三が演じています。 ミヤコ蝶々が実家の女中役で
出ていていい味を出してます。

それにしても主役の若尾さんの演じる明るくて元気な女の子は
本当に魅力的です。

スポンサーサイト



ピンクレディーの活動大写真 (1978)

ピンクレディーの活動大写真

1970年代後半、子供たちに絶大な人気のあったピンクレディー
主役にしたアイドル映画て監督は小谷承靖
今月、衛星劇場でやってますが、私は録画したもののまだ観ていません。

彼女たちの一番のファン層は今や40代の半ばから50代半ばで
丁度日本を背負ってくれている世代でしょうか・・・。

映画は彼女たちを主役に映画を作ろうとするプロデューサーの石立鉄男
監督の田中邦衛、脚本家の秋野太作の3人がそれぞれ考えたイメージ
が映像化されていくオムニバス映画で劇中劇の要素ももっているかも
知れませんね。そこに彼女たちのヒット曲が沢山使われているんで、
ファンには堪えられないでしょう。

で私なんですが、出演者の中にモデル出身で当時人気のあった
樹れい子が出ているようなので、それが一番気になりました。(笑)

オッサンのたわ言 28


・ 前回、新東宝の幻の映画「九十九本目の生娘」がYOUTUBE
 ある、と書いたんですが、どうやら速攻で削除されたようですね。

 でもご安心下さい。
 来年1月日本映画専門チャンネルで放送されることが
 わかりました。画質もあれよりいいはずです。
 本当に奇跡が起こりましたね。
  

「キャンパス110番」より 学生野郎と娘たち (1960)

学生野郎と娘たち

中平康監督の最大のヒット作のあいつと私がBSで放送されるようで
放送前から私の拙いラベルが人気になっています。

これは、あいつと私の前年に公開された、同じく大学を舞台にした
中平監督作品で長門裕之がトップクレジットですが、実際には
芦川いづみ、中原早苗の二人の女子学生を対比させて描いた
群像劇になっています。原作は曽野綾子です。
初めて見たときにタイトルからしてハッピイエンドのコメディー映画
と思い観ていると、結末が悲劇に向かっていって驚いた記憶が
あります。

芦川いづみさんが珍しく転落して行く女子大生と言う汚れ役を
演じています。

共演は清水まゆみ、伊藤孝雄、岡田眞澄、仲谷昇などです。

青春の鐘 (1969)

青春の鐘

舟木一夫、松原智恵子の主演の青春映画で脚本は倉本聰
監督は鍛冶昇。今月、衛星劇場でやってます。

この映画は当時観てますが、映画と主題歌ともヒットしていた舟木さんも
この頃になるとGSブームに完全に吹き飛ばされてしまい曲もヒットせず
こう言う映画も終わりを告げることになります。

映画は東大生の舟木一夫が名門家だが複雑な家庭環境の小学生の
吉田次昭の中学受験の家庭教師になり、その姉の松原智恵子との間に
恋が芽生えていく話になっています。

松原さんの家庭は父母(北龍二、宝生あやこ)、兄夫婦(小高雄二、
渋沢詩子)と弟の吉田次昭という家族構成で、松原さんの許婚者が
藤竜也で、山本陽子、和田浩治が舟木一夫のふる里の長岡にいる
幼馴染で出ています。

たびたび話題になる渋沢詩子さんの素顔が拝見できる貴重な映画です。
前にも書いたように本当に美人です。声優じゃもったいない!!

またタイトルの青春の鐘は舟木の兄の新田昌玄が長岡の若者たちの
応援の為に、小高い丘の上に作った鐘の名前です。

渚の白い家 (1978)

渚の白い家

巨匠斎藤耕一監督が浅丘ルリ子を主演にハワイオールロケーションで
撮ったミステリー映画。今月、衛星劇場でやってます。

冷え切った夫婦(浅丘ルリ子、木村功)の夫が愛人の大信田礼子
共謀して、ハンサムな青年の名高達郎を使い浅丘ルリ子を追い詰めていく
話なんですが、正直面白くありません。

この頃の浅丘さんは既に40歳くらいだったはずで、お金を払ってまでして
彼女を見に行く客がどのくらいいたのか疑問です。
60年代の後半に歌がヒットした事がありましたよねえ。あの頃だったら
まだ良かったかもしれません。

斎藤耕一監督が好きな私でも知らなかった映画なんで、よっぽどヒット
しなかったのでしょう。ですからレアー物であることは間違いありません。

最後に、少なくともオールロケーションしたハワイの風景はさすがに
綺麗に撮影されています。

団鬼六 OL縄奴隷 (1981)

団鬼六 OL縄奴隷

今月、衛星劇場でやってる麻吹淳子主演のSM映画の3本目。
監督は藤井克彦

銀行に勤めるOLの麻吹淳子は職場の上司の石山雄大との
不倫を続けていた。そんな彼女を日頃から彼女を狙っている
クリーニング屋の島和廣と仲間たちに拉致監禁され・・・・。

他に小川亜佐美、山地美貴、梓ようこ、野上正義などが共演。

団鬼六 白衣縄地獄 (1980)

団鬼六 白衣縄地獄

今月、衛星劇場でやってる麻吹淳子主演のSM映画の2本目。
監督は西村昭五郎

医師の中丸新将と婚約中の看護師の麻吹淳子は元の患者の
橘雪子か世話になったお礼にと自宅に招待されるが、そこには
罠が待ち受けていて・・・・。

他に 岡本麗、朝霧友香、林ゆたか等が共演。

帰って来た若旦那 (1955)

帰って来た若旦那

鶴田浩二の主演のラブコメディーと言いたいところですが、実質的には
彼の父親役の柳家金語楼が主演の映画です。何故なら、彼は
アメリカに留学中で、この映画の中ほど近くまで登場しないからです。
監督は青柳信雄
今月、日本映画専門チャンネルでやってます。

映画は2件の仲の悪いカステラ屋の息子と娘(鶴田浩二、司葉子
が結ばれるまでの話に、司葉子を狙って彼女の母親の清川虹子
取り入って来る悪徳金融ブローカーの平田昭彦と鶴田が対決して
行く筋立てになっています。

北川町子、宮桂子、藤間紫、千秋実、森川信などが共演。

最後の切札 (1960)

最後の切札

佐田啓二の主演の松竹映画て監督は野村芳太郎
今月、衛星劇場でやってます。

本当に珍しく佐田啓二が大悪党をやってます。
周旋屋ってあまり耳慣れない商売?をやってて
ゆすり、たかりはお手の物で殺し以外は何でもござれの役です。
女にも手が早く、桑野みゆき、日比野恵子、芳村真理たちに
貢がせているような男を演じています。
日比野さんは新東宝から松竹に移籍してるんですね。

映画は最後の意外な展開になるので知らない方がいいでしょう。
共演は宮口精二、ジェリー藤尾、柳永二郎、加藤嘉、殿山泰司、
河野秋武、三井弘次、西村晃、小池朝雄、松本克平
と豪華な
脇役陣が出演しています。

オッサンのたわ言 27


・たびたび話題にした映画求婚専科ですが11月にCSのザ・シネマ
字幕版が12月に何と吹替版が放送されます。
今回、奇跡の放映だと思いますので、ぜひこの機会に!!!
50年前の吹き替えのレジェンドたちに会えます。

・新東宝の幻の映画「九十九本目の生娘」がYOUTUBE
アップされてるの知ってますか?
DLするなら今のうちです。

ここにあります。

宇能鴻一郎のあつく湿って (1979)

宇能鴻一郎のあつく湿って

宇能鴻一郎原作、水島美奈子の主演のロマンポルノで監督は
加藤彰。今月、衛星劇場でやっていて初めて観ました。

義兄との関係を続けていた水島美奈子がその兄の紹介で兄の
後輩のくそ真面目な田山涼成と結婚。映画はそんな二人と
ご近所の人々とのセックス交流をコミカルに描いています。

尚、榊淳の名義の麻吹淳子がスナックのママの役で出てます
ので確認して下さい。

父ちゃんのポーが聞える (1971)

父ちゃんのポーが聞える

難病にかかった中学生の女の子が発病してから亡くなるまでの
実話を元にした東宝映画で当時、人気アイドルだった吉沢京子を主演に
据えています。監督は石田勝心。今月、日本映画専門チャンネルで
やってます。

私の記憶ではオーディションで素人を採用して作った映画潮騒
(今や完全に忘れ去られた映画)と同時放映だったはずで、そっちを
観たついでに観ました。

吉沢京子を知ってる我々世代には、彼女が出ている時点で、単なる
アイドル映画の印象を持たれてしまったのがこの映画の不運でした。

逆に今回、彼女を知らない若い人たちにとっては、この映画の彼女は
とても健気で愛らしく見えたでしょう。

尚、共演は父親が小林桂樹、継母を司葉子、他に藤岡琢也など
芸達者が出ています。

若い人向けに書いておきますが、吉沢京子はテレビドラマの
柔道一直線から人気が爆発したアイドルで、同じくテレビから
飛び出したアイドル岡崎友紀と当時人気を二分してまして
クラスの男子が吉沢京子派と岡崎友紀派に分かれた程の人気
だった事を付け加えておきます。

団鬼六 女教師縄地獄 (1981)

団鬼六 女教師縄地獄

今月の衛星劇場で麻吹淳子のSM作品を3本放送予定なんで
出来れば全部ラベルを作るつもりです。
もうネット上にあるかも・・・。

私が観た中ではこれが一番面白かった。
監督は西村昭五郎

女は夜霧に濡れている (1962)

女は夜霧に濡れている

2904960.jpg

叶順子の主演の恋愛映画で原作が川内康範で監督が井上芳夫
今月、衛星劇場でやってますがテレビ初放送だそうで、私も初見
でした。

田宮二郎との恋に破れ、やけになった叶順子は現在、建設会社の
社長の安部徹の二号になっている。そんな彼女の家にステレオセット
を配達に来た建築学部の大学院生の藤巻潤との悲恋を描いています。

岸田今日子が叶順子の友人でバーのマダム、また江波杏子
藤巻潤の後輩の女子学生で共演しています。

尚、主題歌を歌っている歌手の今井京子も出演しています。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

OMI

Author:OMI
オッサンたちの為にやってます!!!

FC2カウンター

最新記事

FC2アフィリエイト

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
映画
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
邦画
4位
アクセスランキングを見る>>

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

TOHO Studio 東宝 (233)
Shin-Toho Studio 新東宝 (121)
Toei Studio 東映 (115)
Daiei Studio 大映 (128)
Nikkatsu Studio 日活 (168)
Nikkatsu Roman Porno 日活ロマンポルノ (141)
Shochiku Eiga Studio 松竹 (178)
Other Japanese Movies (5)
Crazy Cats Movies (25)
Foreign Movies 外国映画 (197)
Agatha Christie's Poirot Series (31)
TV Programs テレビ番組 (77)
探偵 神津恭介の殺人推理 (11)
Records レコード (36)
その他 (42)
未分類 (11)

月別アーカイブ

Template by たけやん